読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日1分!経済英語NEWS!

365日最新の英語ニュースを無料でお届けするのはこのメルマガだけ! 全ての文に日本語訳、英語解説がついているため、分からないはあり得ません。 読み続けることでTOEIC700点以上が期待できます。 「TOEICが200点上がった」などのメールが続々と届いています。 ワンクリックで簡単に登録できます。http://www.mag2.com/m/0001162214.html

アップルの採用試験に合格するのと、今の市場で株式投資をすることは似ている。

株価下落が続いていますね。

私は、直近の株価が上昇するか、下落するかを
予測することなんて、とてもではありませんが、
分かりません。

しかし、1957年から2003年までの株式市場のパフォーマンスを
分析した「株式投資の未来」http://goo.gl/RL6VBy
という本によれば、ただ単にS&P500に連動した株式を買っているだけで、
年率11.18%のリターンを記録するわけです。

この傾向は全世界変わりません。

ちなみに、ウォーレンバフェットは、年率26.59%のリターンを上げています。

私は、バフェットのように株価を選ぶ能力に突出しているわけでは
ありませんが、「長期投資が最後に勝つこと」については、
自信を持って運用していますので、こうゆう時には買い進めることができます。

先日Twitterでアップルの採用試験にこんな問題があることを知りました。

「机の上に100枚コインがあり、10枚が表で90枚が裏である。
感覚、視覚、その他いかなる方法でも、コインがどちらを
向いているか知るすべはない。
2つの山に分け、表を向いているコインの数がどちらの山も
同数となるようにせよ。」

答えは

「山の中から、コインを10枚選び、その10枚を全てひっくり返す。」

です。

(例えば、選んだ10枚のコインが表3枚、裏7枚だったとすれば、
残り90枚の山には、表7枚、裏83枚があることになります。
10枚のコインのグループに含まれる裏向きコインの数と、
90枚のコインのグループに含まれる表向きコインの数は、
必ず一致しますので、10枚のコインのグループをひっくり返せば、
2つの山(10枚のコインの山と90枚のコインの山)は、同数になります。)

なぜこの答えが出ないのかというと、

「2つの山に分ける」=「50枚ずつの同じ数に分ける」
と、
「コインをひっくり返すことができない」
という、2つの概念に引っ張られているからです。

株式市場も同じです。

「今、株価が下がっている」=「まだ下がり続ける」

という概念に引っ張られていて、
事業内容」「企業の実質価値」
が、見落とされてしまうんですね。

「意味のない概念に引っ張られないこと」

今の社会では、株式投資でもアップルの入社試験でも
高価値を求める人には、同じ価値が問われているように思います。