読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日1分!経済英語NEWS!

365日最新の英語ニュースを無料でお届けするのはこのメルマガだけ! 全ての文に日本語訳、英語解説がついているため、分からないはあり得ません。 読み続けることでTOEIC700点以上が期待できます。 「TOEICが200点上がった」などのメールが続々と届いています。 ワンクリックで簡単に登録できます。http://www.mag2.com/m/0001162214.html

日本の安倍ちゃんは頑張ってる方だよ。(by Paul Krugman)

【毎日1分!経済英語NEWS!】メールマガジンをお申し込みの方は、コチラから↓
http://www.mag2.com/m/0001162214.html


【毎日1分!経済英語NEWS!】日本の安倍ちゃんは頑張ってる方だよ。(by Paul Krugman)

クルーグマンがまた新しいブログを書いて、
安倍総理を慰めてくれています(笑)

それにしてもこうみると日本は割と頑張っている方ですね。

しかし、このペースでは、白川総裁同様、ダラダラと
借金が増え続けていく状態です。

さらに強烈な金融緩和が必要です。

------------------------------------------------------------
まぐまぐ大賞が始まりました!】

まぐまぐ大賞とは、毎年1度、最高のメールマガジンを決める
メルマガ界の天下一武道会のようなものです。

今まで私は投票期間中も熱心にやっていなかったので、
上位に食い込んだことはなかったのですが、今回は頑張ってみようと
思っています。

私はおだてられやすい性格でして(笑)、
皆様の応援が、いい記事を書くことの励みになりますので、
是非投票お願いします。

難しい操作はありません。
読者の皆さんには11/30までの期間中、
何度でも投票していただけますので、
メルマガを開いたついでに投票をお願いしますm(__)m

まぐまぐ大賞投票ーページ
http://www.mag2.com/m/0001162214.html
(右上にある「このメルマガをまぐまぐ大賞2015に推薦する」
をクリックしてください。)

■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■【毎日1分!経済英語NEWS(解説付き)】2015_11_20
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
月刊発行部数
50万部突破!!
<おかげさまでまぐまぐ有料メルマガランキング「語学・資格部門
[第1位]になりました!!>↓順位が私の似顔絵入りで載っています。
http://www.mag2.com/ranking/ranking_stup.html
メルマガ発行者:八木翼 プロフィールはこちら↓
http://keizai-news.sakura.ne.jp/profile/index.html
※初めてご購読いただく方は、このメルマガ最下部にあるメルマガ説明をご覧ください。twitterはこちら↓
http://twitter.com/#!/tentengu

■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■メルマガ説明
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【初めてご購読いただく方へ】
本メルマガに関する説明は、このメールの一番下に記載してあります。

■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■1.原文
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(The Expansionary Austerity Zombie)

(1)
The doctrine of expansionary austerity -
the proposition that cuts in government
spending would actually cause higher growth
despite their direct negative impact on demand,
thanks to the confidence fairy - was all
the rage in policy circles five years ago.

 

■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■2.英文構造診断
(「英文の切れ目」+「どこにS(主語)+v(動詞)があるか」を解説)
SVだけを記載するのは、それがあると文の骨組みが分かるからです。
第5文型などの細かい文法は、正直大事ではありません。
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(The [Expansionary:拡大する] Austerity Zombie)

(1)
The [doctrine:学説] /
of expansionary austerity - /
the [proposition:提案] /S1
that cuts /S2
in government spending /
would [actually:実際は] [cause:引き起こす] /V2
higher growth /
[despite:~にもかかわらず] their direct [negative impact:負の影響] /
on demand, /
[thanks to:~のおかげで] the [confidence fairy:信認の妖精] - /
was [all the rage:ブーム] /V1
in [policy circles:政策仲間] /
five years ago.

 

■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■3.対訳
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(The [Expansionary:拡大する] Austerity Zombie)
(拡大する緊縮財政のゾンビ)

(1)
The [doctrine:学説] /
of expansionary austerity - /
the [proposition:提案] /S1
that cuts /S2
in government spending /
would [actually:実際は] [cause:引き起こす] /V2
higher growth /
[despite:~にもかかわらず] their direct [negative impact:負の影響] /
on demand, /
[thanks to:~のおかげで] the [confidence fairy:信認の妖精] - /
was [all the rage:ブーム] /V1
in [policy circles:政策仲間] /
five years ago.
(政府支出の削減は、需要に直接マイナスの影響を与えるにもかかわらず、
信認の妖精のおかげで、高い成長率をもたらすという、拡大する
緊縮財政の学説は、5年前、政策仲間の中でブームになった。)

 

■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■4.訳出のポイント解説(英語)
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(無料版では、有料版冒頭部のみ掲載しています。)
-------------------------------------------------------
いやー、それにしてもクルーグマンは、whatの関係代名詞が好きですね(笑)

まあ、何かを説明するときは、おのずと多くなるものです。

さて、今日は前から単語を修飾するについてです。

多くの英語は、後ろから説明するのが基本ですが、
たまに前にあるものがあります。

-------------------------------------------------
※後ろから説明が英語の基本です。

例えばこんな感じですね。

I'm glad my mom has a lot of money.

という文章があったとしましょう。

これは2つに分けることができて、
【I'm glad 】 【my mom has a lot of money.】
となっています。

私は、私の母がお金をたくさん持っていて良かった。

と言う意味です。

【私は良かった。】【私の母は、お金をたくさん持っている】

さて、この時、どちらがどちらを説明しているかお分かりでしょうか?

これは、後ろの文が【私は良かった。】の理由を説明している
わけですね。
----------------------------------------------------

たとえば、
I have a red pen.


・・・・・・・・・・・

-----------------------------------------------------
(続きは【毎日5分!経済英語NEWS 有料版】
http://bit.ly/vM6QxW

 

■■5.経済コラム
さて、これで見ると、日本以上に財政にルーズな国がないことが
分かりますね(笑)

クルーグマンはさらに財政にルーズいならないと、日本は
少子化の罠から抜け出せず、デフレが継続し続けると述べています。

まあ、実際これ以上財政状況を悪化させるのはできません。
クルーグマンはこれを臆病の罠と言っています。)

そのため、日本は今後も、日本という国の信用が崩壊するまで、
永遠と財政赤字と付き合っていくことになるでしょう。

まあ、増税とかしながらだらだらとなんとなく
頑張っている感じを出していればいいと思います(笑)

いつまでもつのかは疑問ですが。

ちなみに、今回(1)でクルーグマンが述べているのは、
ケインズ政策というもののことです。

(1)
The [doctrine:学説] /
of expansionary austerity - /
the [proposition:提案] /S1
that cuts /S2
in government spending /
would [actually:実際は] [cause:引き起こす] /V2
higher growth /
[despite:~にもかかわらず] their direct [negative impact:負の影響] /
on demand, /
[thanks to:~のおかげで] the [confidence fairy:信認の妖精] - /
was [all the rage:ブーム] /V1
in [policy circles:政策仲間] /
five years ago.
(政府支出の削減は、需要に直接マイナスの影響を与えるにもかかわらず、
信認の妖精のおかげで、高い成長率をもたらすという、拡大する
緊縮財政の学説は、5年前、政策仲間の中でブームになった。)

「信認の妖精ってなんだよ」って突っ込んだ方が多いと思うのですが、
ここでクルーグマンが言っているのは、政府の財政がしっかりしていると、
長期的に政府が持続可能であることが認められるので、安心して消費ができる
ということです。

・・・・・・・・・・・

-----------------------------------------------------
(続きは【毎日5分!経済英語NEWS 有料版】
http://bit.ly/vM6QxW

 

■■6.もう一度原文
(The Expansionary Austerity Zombie)

(1)
The doctrine of expansionary austerity -
the proposition that cuts in government
spending would actually cause higher growth
despite their direct negative impact on demand,
thanks to the confidence fairy - was all
the rage in policy circles five years ago.

 

■■7.今週のTED
このコーナーでは経済英語NEWSという枠を飛び出して、
おもしろかったり、感動したり、役に立ったりする話を紹介しようかと
思います。
そちらの方が、飽きずに繰り返し見ることができると思いますので。

では、今週のTEDです。

バリー・シュワルツ: 我々の仕事の考え方は間違っている |
http://bit.ly/1Sc6Xay

私も思いますね。
私みたいに副業をやっていると、本業の方は、
仕事じゃなくてただの作業な気がします。

何かを生み出しているわけではなくて、決まった方向に
どれだけうまく運べるかの作業なんですよね。
まあ、それはそれでもいいんですが、問題は副業のが楽しいってことです(笑)

 

■■8.「5040円でTOEICの点数を480点あげる方法」

■英語なんか出来なくても良い

私は以前、日本人が英語を話す必要なんかないと思っていました。
なぜなら、仕事はできるのです。英語なんか喋れなくても。
しかし。。。
ユニクロ楽天、と大手企業はみんな英語を公用語にしました。
私の上司も英語を勉強をするように促し、なんだか
社内はいつの間にか外国人が多くなっていました。
隣の外国人が何を喋ってるか全くわからない。。。
ミーティングで若手が外国人と何かを喋っている。。。
恐怖を感じました。

■英語はできなければいけない

そんなある日、朝のミーティングで部長から発表がありました。
「当社は管理職の条件として、TOEIC700点を義務付けることとなった。」
まさか。。。私の会社はそんなことないと思っていたのに。。。
しかし、これが現実です。
グローバル化の波が日本に押しよせていたのです。
もしかしたら、明日は、「当社は公用語が英語になった」と言われるかもしれません。
ふと横を見ると、42歳の先輩の顔は真っ青でした。
普段から、英語なんて必要ないと豪語しておられた方で、
次期部長であると期待されてた方です。
私もどうにかしなければと焦っていました。
ふと頭によぎったのが、八木さんの有料メルマガです。
無料版は友達に紹介されて読んでいましたが、
有料版までは踏み切れずにいました。
一誌たったの40円。
大した額じゃないし、やってみるかと軽い気持ちで始めてみました。
今まで英語の勉強なんて全然続かなかったんです。本当に。
いろいろ試しました。
英会話学校、DUO、NHKラジオ講座。。。
しかし、つまらない英文を、難しい言葉で解説されて、
いつも途中でやめてしまうんです。

■続けられる英語教材 

八木さんの教材だけは別でした。
難易度の高い単語には、和訳が付いていましたし、
英文の構造を理解するために、英文が区切られているんです。
もちろん全英文に和訳付きですし、分からないところを質問すると、
すぐに答えてくれました。
英文解説もあり、今までなんとなく使っていた前置詞の使い方も
はっきりと分かるようになってきたのです。


■TOEIC480点アップ 

この勉強を始めて、6カ月後、TOEICを受けに行きました。
「あれ、なんか英語が分かるな~」という感触は確かにありました。

結果は私の予想をはるかに上回っていました。
びっくりです。
なんとあれほど勉強しても上がらなかったTOEICの点数が、
820点なのです。
6カ月前は340点でしたので、なんと480点アップです。
八木さん本当にありがとうございました。

■私と先輩の運命

先月なんと、私が部長に昇進いたしました。
最年少での部長昇進だそうです。
八木さんの教材に出会わなかったら、リストラ候補だったかもしれません。
実際、顔を青くされていた先輩は、現在リストラ候補です。
私からクビを言い渡さなければいけないかもしれず、
ちょっと気まずいですが。。。
このメール、紹介に乗せても結構ですので、是非使ってください。
本当にありがとうございました。
-----------------------------------------------------------------------

以上、実際に先日送られてきたメールです。
(※長かったので、見出しをつけて整理させていただきました。)

TOEIC480点上がったという方は珍しいですが、200点、300点程度であれば
良くメールを頂きます。

もちろん購読していただいたのは
「毎日5分!経済英語NEWS!」
http://bit.ly/vM6QxW
です。
(※上記URLからサンプルもご覧になれます。)

今なら、

「4200円でTOEICの点数を480点あげる方法」

ですね。一か月無料なので。

さらに現在、ハーバード大学ビジネススクールが実践している
「5行エッセイ」という英語勉強方法を有料メルマガコミュニティ内で
行っています。
是非、あなたも英語をアウトプットしましょう!
メンバーは既に550名を超えました!

まずは、【毎日5分!経済英語NEWS 有料版】に登録してください.
http://bit.ly/vM6QxW

-----------------------------------------------------
(【毎日5分!経済英語NEWS 有料版】
http://bit.ly/vM6QxW

只今、「毎日5分!経済英語NEWS!」は1か月無料キャンペーン中です。
お早めにご登録ください。
http://bit.ly/vM6QxW (こちらのURLにメルマガのサンプルがあります。)
※初月の途中で解約しても無料です。
※月の途中で登録されても、その月始めの配信分が送られてきます
たとえば10月25日に登録されても、10月1~24日のメールマガジンがまとめて
発行されます.

 

■■9.今、気になるブログBEST3!
(英語のメルマガじゃないの?と突っ込まれそうですが、
英語だけじゃなく、日本語の経済ニュースを深く理解していなければ、
英語を翻訳できません。私の気になるブログを紹介します。
基本は、毎日1ブログ更新しています。
あ、英語のブログもたまに入ってますw)
----------------------------------------------------------------
3位 ウォルマート第3四半期(10月期)決算発表 
EPSはOK、売上高は×、既存店売上比較はOK、ガイダンスは予想に一致
http://markethack.net/archives/51988892.html

ウォルマートも割と悪くないですね。
順調に回復して欲しいと思います。

継続的な改善が得意な会社なので、まだまだ期待したいですね。
先日、若干バフェットに売られていましたが、
まあ、大丈夫そうですね。

----------------------------------------------------------------
2位 「地方の問題をわかりやすく伝えたかった」
~マンガ「地方は活性化するか否か」作者・こばやしたけし氏インタビュー~
http://blogos.com/outline/144840/

うん。この表気にいいですね。
「やりっぱなしの行政」と「頼りっぱなしの民間」「全然関心なしの市民」
そもそも「頼りっぱなしの民間」「全然関心なしの市民」ということは、
活性したいなんて思ってないんですから(笑)

潰せばいいんですよ。行政は。
まあ、市役所に勤務している公務員は、絶対そんなことさせてくれない
でしょうが。
合併というリストラを進めていくべきですね。

----------------------------------------------------------------
【NEW】1位 原油マーケットの現状と向こう2年の見通し 
サウジ財政悪化で日本株への売り圧力は年間3600億円程度
http://markethack.net/archives/51989116.html

これはある程度覚悟しておいた方が良さそうですね。
ちなみに、日銀が買っている株式の購入額は、
2015年上期(1~6月)で、1兆6737億円です。

まあ、対比すると、そこまで大したことないですね。

 

■■10.編集後記
クルーグマンシリーズは終わったなんて言って、
いきなりクルーグマンの翻訳でした(笑)

まあ、それにしても財政を拡大すれば、経済も拡大するのは当然です。

信認の妖精なんてほぼいません。

しかし、財政を拡大して、信認の妖精も生み出す、
年金完全保証を自民党がやれば、消費は上向くと思います。

今は、お金を突っ込んでいる場所が、
地方創生や被災地復興という、何のGDPの向上も
もたらさないところにいれているので、いまいちなんですよね。。。

単純に子供産んだら1000万上げればいいのに。。。

継続は力なり!
だめでもともと!(笑)
八木翼でした。


「八木翼のその他の活動」

・ バフェットの眼(無料)
http://www.mag2.com/m/0001277652.html

・ バフェットの眼(有料版)
http://www.mag2.com/m/0001595741.html

ブログ再開しました。
お時間あれば是非読んでみてください。
バフェットの眼
http://tentengu.hatenablog.com/

感想、要望等ありましたら
お気軽にご連絡ください。↓
(問い合わせいただいたご意見はメルマガで公表する場合があります。)
die-try-in@hotmail.co.jp

広告のお申し込みはこちらをご確認ください。
http://keizai-news.sakura.ne.jp/contact/index.html

twitterもやっております。
http://twitter.com/#!/tentengu

引用、参考資料
CNNMoney
NHK (Japan Broadcasting Corporation)
The New York Times
□■----------------------------------------------------------------□■


◎【毎日5分!経済英語NEWS(解説付き)】
配信停止はこちら↓
http://www.mag2.com/m/0001212350.html

メルマガ発行者:八木翼↓
http://keizai-news.sakura.ne.jp/

ホームページはこち↓
http://keizai-news.sakura.ne.jp/

八木翼へのお問い合わせ
die-try-in@hotmail.co.jp

twitterもやっております。
http://twitter.com/#!/tentengu

までご連絡ください。

■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■メルマガ説明
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この度はメルマガご購読頂き、誠にありがとうございます。
本メルマガの構成は以下のようになっております。

 ■1.原文
 ■2.構文解析
 ■3.対訳
 ■4.訳出のポイント解説
 ■5.経済コラム
 ■6.もう一度原文

基本的には1~5の繰り返しで十分実力は付きます。
この流れで、英語の訳し方がわからない部分を学習していただきます。

---ここから先は余裕がある方-------------------------------------
 ■7.今週のTED(様々な有名人が英語で講演※和訳付き)
 ■8.今、気になる日本語ブログBEST3!
 ■9.編集後記


只今、「毎日5分!経済英語NEWS!」は1か月無料キャンペーン中です。
お早めにご登録ください。
http://bit.ly/vM6QxW
(途中で解約しても無料ですので、迷う理由は何もありません。)
※月の途中で登録されても、その月始めの配信分が送られてきます
※たとえば2月25日に登録されても、2月1~24日のメールマガジンがまとめて
発行されます.