読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日1分!経済英語NEWS!

365日最新の英語ニュースを無料でお届けするのはこのメルマガだけ! 全ての文に日本語訳、英語解説がついているため、分からないはあり得ません。 読み続けることでTOEIC700点以上が期待できます。 「TOEICが200点上がった」などのメールが続々と届いています。 ワンクリックで簡単に登録できます。http://www.mag2.com/m/0001162214.html

【毎日1分!経済英語NEWS!】最強のビジネスモデルを持つモンサント!!

【毎日1分!経済英語NEWS!】メールマガジンをお申し込みの方は、コチラから↓
http://www.mag2.com/m/0001162214.html


【毎日1分!経済英語NEWS!】最強のビジネスモデルを持つモンサント!!

さて、このメルマガでは、あまりなじみがない
遺伝子組み換え食品の会社についてです。

遺伝子組み換え業界で最も有名な会社なのが、モンサント
といわれる企業です。
この企業、業績が素晴らしいんですよね。

日本では、遺伝子組み換え技術はあまり浸透していまんが、
他国では違います。
しっかり稼いでいるんです。
実は私も株を買ったことがあるんですw(上がったので売っちゃいましたが。)

何故売ったのかというと、除草剤が効かなくなってきたからです。
(後で説明しますが。)

ニュースを見ていきましょう。

------------------------------------------------------
【1ケ月限定無料キャンペーン!!】
只今、「毎日5分!経済英語NEWS!」は1か月無料キャンペーン中です。
この機会にぜひお試しください。途中で解約しても無料です。
http://bit.ly/vM6QxW (こちらのURLにメルマガのサンプルがあります。)
(1カ月以内であれば、途中で解約しても無料です。
お気軽にお申し込みください。)

まずは、【毎日5分!経済英語NEWS 有料版】に登録してください.
http://bit.ly/vM6QxW

■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■【毎日1分!経済英語NEWS(解説付き)】2015_09_25
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
月刊発行部数
50万部突破!!
<おかげさまでまぐまぐ有料メルマガランキング「語学・資格部門
[第1位]になりました!!>↓順位が私の似顔絵入りで載っています。
http://www.mag2.com/ranking/ranking_stup.html
メルマガ発行者:八木翼 プロフィールはこちら↓
http://keizai-news.sakura.ne.jp/profile/index.html
※初めてご購読いただく方は、このメルマガ最下部にあるメルマガ説明をご覧ください。twitterはこちら↓
http://twitter.com/#!/tentengu

■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■メルマガ説明
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【初めてご購読いただく方へ】
本メルマガに関する説明は、このメールの一番下に記載してあります。

■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■1.原文
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(Pivoting after failed Syngenta bid,
Monsanto to build big data business)

(1)
With its shares trading at three-year-lows
since it abandoned a $46 billion bid to buy
Syngenta AG (SYNN.VX) last month, Monsanto Co
plans to offer its shareholders a new corporate
vision: a future in big data.

(一部引用 REUTERS:CHICAGO/KANSAS CITY | BY P.J.
HUFFSTUTTER AND CAREY GILLAM
http://yhoo.it/1VbrPPH)

 

■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■2.英文構造診断
(「英文の切れ目」+「どこにS(主語)+v(動詞)があるか」を解説)
SVだけを記載するのは、それがあると文の骨組みが分かるからです。
第5文型などの細かい文法は、正直大事ではありません。
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
([Pivoting:方向転換する] after failed Syngenta bid,
Monsanto to [build:構築する] big data business)

(1)
With its [shares:株式] /
trading /
at three-year-lows /
【since /
it /S1
[abandoned:捨てた] /V1
a $46 billion bid /
to buy /
Syngenta AG (SYNN.VX) /
last month,】 /
Monsanto Co /S2
plans to offer /V2
its shareholders /
a new [corporate vision:会社方針]: /
a [future:未来] /
in big data.

 

■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■3.対訳
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
([Pivoting:方向転換する] after failed Syngenta bid,
Monsanto to [build:構築する] big data business)
(Syngentaの買い入れ失敗で方向転換、
モンサントビッグデータ事業を構築予定)

(1)
With its [shares:株式] /
trading /
at three-year-lows /
【since /
it /S1
[abandoned:捨てた] /V1
a $46 billion bid /
to buy /
Syngenta AG (SYNN.VX) /
last month,】 /
Monsanto Co /S2
plans to offer /V2
its shareholders /
a new [corporate vision:会社方針]: /
a [future:未来] /
in big data.
(先月、Syngenta AGの460億ドルでの買い入れを
捨てて以来、株式が3年ぶりの低値で取引される中、
Monsanto Coは、株主にビッグデータの未来による、
会社方針を説明予定である。)

 

■■4.訳出のポイント解説(英語)
(無料版では、有料版冒頭部のみ掲載しています。)
-------------------------------------------------------
今回は、「英語を切る」についてです。

この切り方をひらめいたのは、プログラミングをしている時でした。

皆さんの中でプログラミングをやっている方が
どの程度いるかわかりませんが、私は本当にたしなむ程度に
Perlというプログラミング言語をやっていました。

その時は、メルマガの本日和訳した単語の一覧を下に
表示しようと思い、[]で囲まれた部分を抜き出し、
段落の()番号を表示するというプログラムを作っていたのです。
こんなものです。

$numbers="題";
 while(<STDIN>){
  @number = /\((\d)\)/g;
  @tags = /\[(.*?)\]/g;
   if(@number==1){
    foreach $number(@number){
    $numbers=$number; #収集した$numberを$numbersに保存
    }
   }
foreach $tag (@tags){
print "・($numbers)$tag \n";
}
}

見てもわからない人が多くいると思いますが、
別にこれを理解する必要なんて全然ありません。

これを見て私は、
「あー、英語もこんな風に意味事切ってくれてあって、
関連する部分は1段下げてくれれば見やすいのになー。」
と思ったのです。

で、
「あ、英語が分からない理由は、そこなんだ。」
と思いました。

多くの人が多読を推奨していますが、個人的には、
その内容は微妙でした。

というのも、「分からない部分は飛ばす。」という部分に
納得できなかったのです。

分からない部分を飛ばす→話の内容が分からなくなる
→つまらなくなる→読むのを止める→多読を止める

という流れになってしまうからです。

そのため私は、できるだけ「読みやすくした英語」
を提供することに決めました。

今日の文も同様です。
例えば(7)を見てみると、

(7)
The company /S1
has also been facing /V1
increasing [regulatory:規制] /
and consumer [scrutiny:調査] /
over the [safety:安全性] and [environmental impact:環境負荷] /
of Roundup /
and Monsanto’s genetically engineered crops /
that /S2
are sprayed /V2
with glyphosate.

scrutinyに関係する以下の文、

over the [safety:安全性] and [environmental impact:環境負荷] /
of Roundup /
and Monsanto’s genetically engineered crops /
that /S2
are sprayed /V2
with glyphosate.

は、一段下げています。

これは、結局はscrutinyの説明をしているだけだからです。
その部分を消して、

(7)
The company /S1
has also been facing /V1
increasing [regulatory:規制] /
and consumer [scrutiny:調査] /

だけでも意味は通じます。
このように、長すぎる英語を整理することで、
つまづきを取り除くことができるのです。

そういう意図を感じながら英語を多読すると、
あっという間に英語の理解がしやすくなります。

是非、継続して続けてみてください。

-----------------------------------------------------
(続きは【毎日5分!経済英語NEWS 有料版】
http://bit.ly/vM6QxW

 

■■5.経済コラム
さて、Monsantoですね。

この企業の恐ろしいところは、そのビジネスモデルです。

日本では畑が整備されていて、荒れ果てた場所を畑に変える
という作業があまりありませんが、発展途上国などでは、
良くあるそうです。

そういう地帯では、草が強いんですね。
そうなると、作物を植えても草が刈ってしまうんです。

当然、草を抜くわけなんですが、皆さんご存知の通り、
抜いても抜いても草は生えてきます。

そこでMonsantoが考え出したのが、超強力除草剤です。

超強力除草剤であるラウンドアップを使えば、あっという間に
雑草は死滅します。

このラウンドアップ自体は、日本でもよく使われていますね。
空地の草を枯らしたい時とかなどに。

さて、鋭い読者の方は、突っ込みを入れていただいたと思いますが、
農場でこんな超強力除草剤を使ったら作物も枯れます(笑)

この除草剤は、記事にも出ていますが、
グリホサートイソプロピルアミン塩という
薬品が有効成分です。

で、この薬品は、全ての植物を枯らします。
植物の生命維持に必要な酵素の働きを阻害するんです。

(難しい話をすれば、芳香族アミノ酸
チロシンフェニルアラニントリプトファン
を作るシキミ酸経路のうちの、
5-エノールピルビルシキミ酸-3-リン酸合成酵素(EPSPS)
を止めてしまいます。

http://www.foodwatch.jp/science/gmlearning/9593 より引用)

しかし、この阻害酵素の阻害酵素を作る遺伝子を持っている
植物は生き残るんですね。

というわけでモンサントは、ラウンドアップ耐性稲(など)
なんかも売っているんですね。

つまり、ラウンドアップラウンドアップ耐性稲をセットで
農家に買わせることで大儲けできるという算段です。

農家は毎年毎年モンサントから多額の商品を
買わなければならないわけです。

ところが最近問題になっているのが、このラウンドアップに耐性を
持つ雑草がでてきてしまい、ラウンドアップが効かなくなっているんです。

そうなると、もはや、ラウンドアップをばらまく意味がありません。

で、最近、モンサントはそのことをかなり気にしていて、
新たなビジネスを展開しだしたということですね。

それでも業績が傾いているわけではありません。

年 1株当たり利益($/株)
2015 3.272
2014 3.038
2013 2.721
2012 2.262
2011 1.670
2010 1.645
2009 1.110
2008 1.041
2007 0.6893
2006 0.773

さらに褒めたいところが、この会社は、
うまく行っている企業にありがちな、
アホみたいな設備投資をせず、
自社株買戻しをしっかり続けているという部分です。

過去10年で

925Mから674Mまで減らしています。
実に、27%も発行株式を減らしているのです。

1株当たり利益が増えて当然です。

今後のグリホサートの影響次第では、窮地に追いやられる
可能性もありますが、まだおいしさがある株に見えますね。

グリホサート耐性雑草に効く、あらたな薬品を
発明したいところですがね。。。

それにしても最近は、MicroSoftにしろ、IBMにしろ、
クラウドビッグデータ解析で儲けだしましたね。

農業界のIBMを目指す宣言をしたMonsantoは今後も注目だと思います。

面白そうですよね。データ農業。
(あと、遺伝子組み換えのように、イメージが悪くなくていいですね(笑))

 

■■6.もう一度原文
(Pivoting after failed Syngenta bid,
Monsanto to build big data business)

(1)
With its shares trading at three-year-lows
since it abandoned a $46 billion bid to buy
Syngenta AG (SYNN.VX) last month, Monsanto Co
plans to offer its shareholders a new corporate
vision: a future in big data.

 

■■7.今週のTED
このコーナーでは経済英語NEWSという枠を飛び出して、
おもしろかったり、感動したり、役に立ったりする話を紹介しようかと
思います。
そちらの方が、飽きずに繰り返し見ることができると思いますので。

では、今週のTEDです。

なぜ痛み止めとしてヘロインを使っても、ヘロイン中毒にならないのか?
http://digitalcast.jp/v/22965/

うーん、知りませんでした。
そういうことだったんですね。
これ、日本も間違った知識を持っている人が
多いのではないでしょうか?

今日の気になる1文はコチラ。

The opposite of addiction is connection.
「依存症(addiction)」の反対は 「繋がり(connection)」なのです。

 

■■8.「5040円でTOEICの点数を480点あげる方法」

■英語なんか出来なくても良い

私は以前、日本人が英語を話す必要なんかないと思っていました。
なぜなら、仕事はできるのです。英語なんか喋れなくても。
しかし。。。
ユニクロ楽天、と大手企業はみんな英語を公用語にしました。
私の上司も英語を勉強をするように促し、なんだか
社内はいつの間にか外国人が多くなっていました。
隣の外国人が何を喋ってるか全くわからない。。。
ミーティングで若手が外国人と何かを喋っている。。。
恐怖を感じました。

■英語はできなければいけない

そんなある日、朝のミーティングで部長から発表がありました。
「当社は管理職の条件として、TOEIC700点を義務付けることとなった。」
まさか。。。私の会社はそんなことないと思っていたのに。。。
しかし、これが現実です。
グローバル化の波が日本に押しよせていたのです。
もしかしたら、明日は、「当社は公用語が英語になった」と言われるかもしれません。
ふと横を見ると、42歳の先輩の顔は真っ青でした。
普段から、英語なんて必要ないと豪語しておられた方で、
次期部長であると期待されてた方です。
私もどうにかしなければと焦っていました。
ふと頭によぎったのが、八木さんの有料メルマガです。
無料版は友達に紹介されて読んでいましたが、
有料版までは踏み切れずにいました。
一誌たったの40円。
大した額じゃないし、やってみるかと軽い気持ちで始めてみました。
今まで英語の勉強なんて全然続かなかったんです。本当に。
いろいろ試しました。
英会話学校、DUO、NHKラジオ講座。。。
しかし、つまらない英文を、難しい言葉で解説されて、
いつも途中でやめてしまうんです。

■続けられる英語教材 

八木さんの教材だけは別でした。
難易度の高い単語には、和訳が付いていましたし、
英文の構造を理解するために、英文が区切られているんです。
もちろん全英文に和訳付きですし、分からないところを質問すると、
すぐに答えてくれました。
英文解説もあり、今までなんとなく使っていた前置詞の使い方も
はっきりと分かるようになってきたのです。


■TOEIC480点アップ 

この勉強を始めて、6カ月後、TOEICを受けに行きました。
「あれ、なんか英語が分かるな~」という感触は確かにありました。

結果は私の予想をはるかに上回っていました。
びっくりです。
なんとあれほど勉強しても上がらなかったTOEICの点数が、
820点なのです。
6カ月前は340点でしたので、なんと480点アップです。
八木さん本当にありがとうございました。

■私と先輩の運命

先月なんと、私が部長に昇進いたしました。
最年少での部長昇進だそうです。
八木さんの教材に出会わなかったら、リストラ候補だったかもしれません。
実際、顔を青くされていた先輩は、現在リストラ候補です。
私からクビを言い渡さなければいけないかもしれず、
ちょっと気まずいですが。。。
このメール、紹介に乗せても結構ですので、是非使ってください。
本当にありがとうございました。
-----------------------------------------------------------------------

以上、実際に先日送られてきたメールです。
(※長かったので、見出しをつけて整理させていただきました。)

TOEIC480点上がったという方は珍しいですが、200点、300点程度であれば
良くメールを頂きます。

もちろん購読していただいたのは
「毎日5分!経済英語NEWS!」
http://bit.ly/vM6QxW
です。
(※上記URLからサンプルもご覧になれます。)

今なら、

「4200円でTOEICの点数を480点あげる方法」

ですね。一か月無料なので。

さらに現在、ハーバード大学ビジネススクールが実践している
「5行エッセイ」という英語勉強方法を有料メルマガコミュニティ内で
行っています。
是非、あなたも英語をアウトプットしましょう!
メンバーは既に550名を超えました!

まずは、【毎日5分!経済英語NEWS 有料版】に登録してください.
http://bit.ly/vM6QxW

-----------------------------------------------------
(【毎日5分!経済英語NEWS 有料版】
http://bit.ly/vM6QxW

只今、「毎日5分!経済英語NEWS!」は1か月無料キャンペーン中です。
お早めにご登録ください。
http://bit.ly/vM6QxW (こちらのURLにメルマガのサンプルがあります。)
※初月の途中で解約しても無料です。
※月の途中で登録されても、その月始めの配信分が送られてきます
たとえば10月25日に登録されても、10月1~24日のメールマガジンがまとめて
発行されます.

 

■■9.今、気になるブログBEST3!
(英語のメルマガじゃないの?と突っ込まれそうですが、
英語だけじゃなく、日本語の経済ニュースを深く理解していなければ、
英語を翻訳できません。私の気になるブログを紹介します。
基本は、毎日1ブログ更新しています。
あ、英語のブログもたまに入ってますw)
----------------------------------------------------------------
3位 日本でも動き出すインダストリー4.0 パナソニック甲府事業所ルポ
http://blogos.com/article/134892/

と思ったら、日本もちゃんと重い腰を上げたようです。
やはり日本にはITの人材がいないんですよね。
個人的には、日本の教育の問題が大きいと思います。

----------------------------------------------------------------
【NEW】2位 午後3時のドルは120円前半で強含み、株価反発を眺め
http://blogos.com/article/135833/

いやー、なんかFRB今年中に利上げしないんじゃないの?
なんてみんな思っていたと思いますw
イエレンさんしっかりしていますね(笑)
個人的にはドル配分が高いので、円安ドル高のがありがたいです。

----------------------------------------------------------------
1位 難民支援策を検討中、最終的な詰めの段階に=菅官房長官
http://blogos.com/article/135605/

私は日本でも受け入れ開始すべきだと思います。
そりゃ難民受け入れの障壁は知っていますが、
いつまでも移民も許さず、難民も受け入れないと
この国は、普通に少子化で滅びます。

これを機にしっかり受け入れ態勢を整えていかなければ先はありませんね。

日本に移民に反対する人はいっぱいいるんですが、
少子高齢化にどうやって歯止めをかけるのか?
アメリカはしっかりとうまくやっています。
(もちろん問題は山積みですが。)

代案がないなら移民・難民を受け入れる体制を作るべきです。

 

■■10.編集後記
いやー、久々にモンサントを見ました。

なんだか懐かしいですね。

このデータ解析ビジネスの展望次第では、この会社買いたいですね。
世界人口は増え続けているので、こういう農業ビジネスは
長期的に買いだと思っています。

牛肉も豚肉も野菜がなければ作れませんからね。

継続は力なり!
だめでもともと!(笑)
八木翼でした。


「八木翼のその他の活動」

・ バフェットの眼(無料)
http://www.mag2.com/m/0001277652.html

・ バフェットの眼(有料版)
http://www.mag2.com/m/0001595741.html

ブログ再開しました。
お時間あれば是非読んでみてください。
バフェットの眼
http://tentengu.hatenablog.com/

感想、要望等ありましたら
お気軽にご連絡ください。↓
(問い合わせいただいたご意見はメルマガで公表する場合があります。)
die-try-in@hotmail.co.jp

広告のお申し込みはこちらをご確認ください。
http://keizai-news.sakura.ne.jp/contact/index.html

twitterもやっております。
http://twitter.com/#!/tentengu

引用、参考資料
CNNMoney
NHK (Japan Broadcasting Corporation)
The New York Times
□■----------------------------------------------------------------□■


◎【毎日5分!経済英語NEWS(解説付き)】
配信停止はこちら↓
http://www.mag2.com/m/0001212350.html

メルマガ発行者:八木翼↓
http://keizai-news.sakura.ne.jp/

ホームページはこち↓
http://keizai-news.sakura.ne.jp/

八木翼へのお問い合わせ
die-try-in@hotmail.co.jp

twitterもやっております。
http://twitter.com/#!/tentengu

までご連絡ください。

■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■メルマガ説明
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この度はメルマガご購読頂き、誠にありがとうございます。
本メルマガの構成は以下のようになっております。

 ■1.原文
 ■2.構文解析
 ■3.対訳
 ■4.訳出のポイント解説
 ■5.経済コラム
 ■6.もう一度原文

基本的には1~5の繰り返しで十分実力は付きます。
この流れで、英語の訳し方がわからない部分を学習していただきます。

---ここから先は余裕がある方-------------------------------------
 ■7.今週のTED(様々な有名人が英語で講演※和訳付き)
 ■8.今、気になる日本語ブログBEST3!
 ■9.編集後記


只今、「毎日5分!経済英語NEWS!」は1か月無料キャンペーン中です。
お早めにご登録ください。
http://bit.ly/vM6QxW
(途中で解約しても無料ですので、迷う理由は何もありません。)
※月の途中で登録されても、その月始めの配信分が送られてきます
※たとえば2月25日に登録されても、2月1~24日のメールマガジンがまとめて
発行されます.