読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日1分!経済英語NEWS!

365日最新の英語ニュースを無料でお届けするのはこのメルマガだけ! 全ての文に日本語訳、英語解説がついているため、分からないはあり得ません。 読み続けることでTOEIC700点以上が期待できます。 「TOEICが200点上がった」などのメールが続々と届いています。 ワンクリックで簡単に登録できます。http://www.mag2.com/m/0001162214.html

【バフェットの眼】2014_11_11 今週の株式 日本は長期的に売りなのか?

【バフェットの眼】2014_11_11 今週の株式 日本は長期的に売りなのか?

このまま円安になってしまえば、当然、
日本経済はまずいでしょう。

インフレ率が、賃金上昇率を上回れば、当然、実質賃金
下がっていきます。

ハイパーインフレには本当にならないのでしょうか?
もちろん株価は回復していますが。。。

とりあえず、株価を確認してみましょう。

□■----------------------------------------------------------------□■
・このメルマガを読むことで、バフェット流に会社を分析する手法を
学んでいきます。

・こちらのメルマガで特定の銘柄を勧めることはありません。
また、あくまで企業分析を通じて株式投資の学習をする
メールマガジンです。
この企業分析は私、八木翼の個人的な見解です。

メルマガ発行者:八木翼 プロフィールはこちら↓
http://keizai-news.sakura.ne.jp/

□■----------------------------------------------------------------□■
はじめての方のみ、お読みください。

この度はメルマガご購読頂き、誠にありがとうございます。
この無料版では、これまで八木翼の分析で
気になっている銘柄の 株価を報告し、どのようなPER、
期待収益率になっているのかを報告します。

□■----------------------------------------------------------------□■

これまで分析された株式で良さそうなものを追跡分析しています。
このデータだけでもかなり投資の参考になると思います。

バフェットの眼で投資対象と判断された銘柄
【2014年11月11日】

これまで分析された株式で良さそうなものを追跡分析しています。
このデータだけでもかなり投資の参考になると思います。

常時監視銘柄

会社名        株価 前日比 期待収益率 PER
GMOペイメント 2234 ※※※※※ ※※※※※ 42.91
ユニ・チャーム  2581.5 ※※※※※ ※※※※※ -
SMC 30450 ※※※※※ ※※※※※ 21.58
あさひ 1208 ※※※※※ ※※※※※ 15.51
ウェザーニューズ 3010 ※※※※※ ※※※※※ 15.57
エムスリー 1876 ※※※※※ ※※※※※ 15.49
シマノ 15030 ※※※※※ ※※※※※ 31.67
ニトリ 6900 ※※※※※ ※※※※※ 19.49
WOWOW 5080 ※※※※※ ※※※※※ 12.03
YUM brand`s 73.27 ※※※※※ ※※※※※ 22.88
マクドナルド(US) 95.11 ※※※※※ ※※※※※ 18.72
ナイキ(US) 94.96 ※※※※※ ※※※※※ 29.74
IBM(US) 164.49 ※※※※※ ※※※※※ -
コカコーラ(US) 42.39 ※※※※※ ※※※※※ 23.56
ディーア(US) 88.54 ※※※※※ ※※※※※ 9.94
チェックポイント(US) 74.73 ※※※※※ ※※※※※ 21.76
エクソンモービル(US) 95.82 ※※※※※ ※※※※※ 12.06
グーグル(US) 548.09 ※※※※※ ※※※※※ 28.83


(株価は最新でない可能性があります。また、この株価は取引された最後の
値ではなく、売られていた最後の値となっているため、通常の株価と
若干違います。これは、その株を直近で買える確率がその価格の方が
正確であるためです。)

(※これら情報はビジネスのリスクを考慮しておらず、
過去十年の実績に基づいて計算された期待収益率です。
実際の分析はバフェットの眼
http://www.mag2.com/m/0001595741.html
をご購読ください。)


【市場動向】
さて、この間の黒田バズーカーPart2とGPIF株式比率引き上げ
で日本の雰囲気が少し変わったように思います。

しかし、いったい何がサプライズだったのか理解している人は、
意外と少ないのではないかと思います。

当初の予想では、全資金130兆円のGPIFが日本国債60%(80兆円)
日本株式12%で運用している状態だったのを
株式運用の比率を引き上げるというものでした。

実は、このGPIFですが、これまでの株価上昇ですでに
17%になっていたのです。
(水槽の中に水と金魚が入っていて、金魚が大きく成長すれば、
水槽の中に占める、金魚の割合は上昇します。)

もしこの目標運用比率が12%のままだと、日本株を売ることになってしまいます。

安倍政権としては、これだけは避けたい。

これをさせないためには、日本株の運用比率を
17%位にすることが必要で、今回は、その程度の変更だと
思われてきました。

しかし、発表は25%。
それを大きく超えてきました。

おまけに外国株も12%→25%で、年金の約半分を株式で運用することになりました。

そうなると、国債を売った金で株式を買うことになる。

国債は大暴落するのか?
GPIFの日本国債の割合は、35%程度(45兆円)になります。
つまり、約35兆円の国債を売りに出すわけですね。

あ、現在の国債保有は60%(80兆円)といいましたが、
実は国債は、すでに運用比率変更の発表前に売り出されており、
約50%程度になっていたとのことです。

つまり、50%(65兆円)から40%程度(45兆円)になる。
約20兆円が新たに市場に売り出されるということです。

国債は大暴落するのか?

そうならないために、黒田バズーカーPart2が発表されたんですね。

黒田バズーカーは、約20兆円/年の国債買取を発表しました。
(プラスETF,REITの購入額を3倍にしました。)

あらwちょうど国債を売り出す額と一致しますねw

これにより、GPIFが国債を売ったとしても、
日本国債の買い手を確保することで暴落を防ぎ、
国内が低金利のまま、株価を上げるという、政府&日銀が
がっつり手を組んだ、管制相場を作ったわけですね。

まあ、簡単に言えば、ETFと同様に、
日銀が株式を買ったようなものです。

これで景気が回復したとは笑えますw

日本の景気低迷は、人口減少という根本的な問題に悩まされているのに、
それを解決する策は、一切発表されません。

こんなことじゃますます今後の日本が心配です。

実質賃金は減少しています。

もちろん、これを続ければ株価は上がります。
しかし、円の信頼性は、本格的に歪み始めています。

日本は大きな政府を背負ってしまったといえるのではないでしょうか?

しかし、日本の株価は全体的に上昇傾向ですね。

米株も見事に上昇傾向です。

米経済は力強いですね。
雇用も賃金も着実に上昇傾向です。

日本はどうでしょう?

本日発表の景気ウォッチャー調査では、
6年ぶりの悪化となりました。

まあ、そんなもんですね。
景気は明らかに低迷しています。

実質賃金が低下しているのですから、当然といえば当然です。

さて、日本の中は、まさにスタグフレーション状態になっていますね。

これがいつ回復するのかは読めません。

ちなみに先々週分析したツムラですが、一気に上昇しましたね。
私もびっくりしました。。。

株価も17,000円台に突入し、上昇を続けています。

今後も上昇し続けるかは分かりませんが、割安の会社が
明らかに少なくなってきましたね。

これは、米株についても言えます。

さてさて、どうしたものやら。。。

 

■今日の気になるニュース

----------------------------------------------------------------
3位 米国の求人数、リーマンショック前の高値を超える 
  JOLTS(求人労働移動調査)で米国市場に一瞬、激震が走る
http://markethack.net/archives/51932942.html

今の市場の数値の捉え方ってものすごく
歪んでいるんですよね。

求人増加→株価上昇
なら、分かりやすくていいんですが、

求人増加→FRB金利引き上げ早くなる→株価低下

という現象も起きているんですね。
どちらがいいと言うわけではありませんが、
一筋縄に行きませんね。

----------------------------------------------------------------
【NEW】2位 快調に飛ばす米国経済 12月のFOMCでは
「当分の間(considerable time)」という言葉は削除される
http://markethack.net/archives/51944158.html

うーん、好調ですね。
こけるとしたら、中国の不動産価格暴落ですが、
正確な数字を中国が出さないので、正直実態が
分かりにくいです。


----------------------------------------------------------------
1位 2015年末、24000円視野に
~何故黒田日銀と戦っても勝ち目はないのか~
http://blogos.com/article/97986/

もちろん、インフレが定着すればいいことですが、
これで途中で腰折れしたときが恐ろしいですね。
それこそがスタグフレーションです。

 

■編集後記
それにしてもマクドナルドは苦戦していますねー。
私が購入してから全然株価が上昇しませんw

しかし、捨てるつもりはありません。
景気が回復すると、商品価格が安いことが売りの
マクドナルドなどは、人気が低迷します。

ちなみに、食文化が変化しているとのことですが、
私はそう簡単に食文化が変わるとは思えません。

ダイエットに成功している人って、ほとんどいませんからねw

継続は力なり!
ダメでもともと(笑)

八木翼でした。

□■----------------------------------------------------------------□■

お断り:
メールマガジンで登録された氏名、メールアドレス
やクレジットカード番号等の個人情報は、発行者であ
る八木翼個人(以下、「発行者」といいます。)には通
知されておりません。

企業価値や株価等に関する情報に言及することがあ
りますが、本メールマガジンは、あくまで財務の分析
等について学んでいただくためのものであり、有価証
券や金融商品の価値等についての助言、投資その他
の勧誘、税務相談、法律相談等を行うことは目的にし
ておりません。

掲載される情報は発行者が信頼できると判断した情報
をもとに作成・加工しておりますが、内容及び情報の正
確性、完全性等について、発行者はいかなる責任も持
ちません。

また、時事の変化等に応じて、お届けする内容が予告し
ていたものと異なる場合があります。

メールマガジン本文および関連データの知的財産権
発行者に帰属しております。事前に承諾を得ることなく、
これらの内容を複製・加工・譲渡することはご遠慮くださ
い。
(ただし、通常の雑誌等と同様、常識及び著作権法等の
法令で認められる範囲内で、部分的に引用していただく
ことは差し支えありません。)


八木翼が行っているその他の活動

有料メールマガジン
・「毎日5分!経済英語NEWS!」(http://www.mag2.com/m/0001212350.html
 毎日1分!経済英語NEWS!のNEWSの約8倍の英文量、詳しい解説を提供。
 毎日一分だけで、英語ができるようにはなりません。
 多読することで、英語は習得できます。


・バフェットの眼:(http://www.mag2.com/m/0001269131.html
世界一成功した投資家ウォーレン・バフェットの投資法に従って、
  日本の会社を分析しています。これからの分析では、アフラック
  ナカニシ、日清食品HD、イオンディライト等を予定しています。

無料メールマガジン
・「バフェットの眼(無料)」(http://www.mag2.com/m/0001277652.html
 有料メールマガジン「バフェットの眼」から企業について分析した
 一部の無料配信です。この無料メールマガジンでも十分勉強に
 なります。

□■----------------------------------------------------------------□■


◎【バフェットの眼】
配信停止はこちら↓
http://www.mag2.com/m/0001277652.html

メルマガ発行者:八木翼↓
http://keizai-news.sakura.ne.jp/


ホームページはこち↓
http://keizai-news.sakura.ne.jp/

八木翼へのお問い合わせ
die-try-in@hotmail.co.jp

もしくはtwitter
tentengu

までご連絡ください。

□■----------------------------------------------------------------□■