読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日1分!経済英語NEWS!

365日最新の英語ニュースを無料でお届けするのはこのメルマガだけ! 全ての文に日本語訳、英語解説がついているため、分からないはあり得ません。 読み続けることでTOEIC700点以上が期待できます。 「TOEICが200点上がった」などのメールが続々と届いています。 ワンクリックで簡単に登録できます。http://www.mag2.com/m/0001162214.html

【毎日1分!経済英語NEWS!】2014_05_25 米国債の値段は下がらないのか?

【毎日1分!経済英語NEWS!】メールマガジンをお申し込みの方は、コチラから↓

http://www.mag2.com/m/0001162214.html

 

 

【毎日1分!経済英語NEWS!】2014_05_25 米国債の値段は下がらないのか?

 

テーパリングによって、購入者は明らかに減少しているはずです。

当然テーパリングでも下落が懸念されていましたが、

全く下落しません。

 

なぜでしょう?

 

ニュースを見てみましょう。

 

 

只今、「毎日5分!経済英語NEWS!」は1か月無料キャンペーン中ですので、

今なら、完全無料でこのレポートが手に入ります。

お早めにご登録ください。

http://bit.ly/vM6QxW 

(途中で解約しても無料ですので、迷う理由は何もありません。)

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■【毎日1分!経済英語NEWS(解説付き)】2014_05_25

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

月刊発行部数 

50万部突破!!

<おかげさまでまぐまぐ有料メルマガランキング「語学・資格部門

[第1位]になりました!!>↓順位が私の似顔絵入りで載っています。

http://www.mag2.com/ranking/ranking_stup.html

メルマガ発行者:八木翼 プロフィールはこちら↓

http://keizai-news.sakura.ne.jp/profile/index.html

※初めてご購読いただく方は、このメルマガ最下部にあるメルマガ説明をご覧ください。twitterはこちら↓

http://twitter.com/#!/tentengu

広告のお申し込みについてはこちらをご確認ください。

http://keizai-news.sakura.ne.jp/contact/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

■■1.英語原文

(Treasuries Gain for First Time in Three Days Amid Refuge Demand)

 

(1)

Treasuries rose for the first time in three 

days as investors seeking a refuge from turmoil 

in the Ukraine and slower economic growth in 

Europe ignored a report showing U.S. home 

purchases climbed the most in six months.

 

(2)

Yields on benchmark 10-year notes declined 

from almost a one-week high as violence 

marred preparations for Ukrainian elections 

on May 25. 

 

(3)

German business confidence fell more than 

forecast amid signs that expansion of the 

euro area’s largest economy will slow 

this quarter. 

 

(4)

Treasury yields were at almost the highest 

level relative to German bunds since 2007.

 

(5)

“No one wants to be short going into a 

weekend where there is the election in 

Ukraine and the potential for more violence,” 

said Larry Milstein, managing director in 

New York of government-debt trading at R.W. 

Pressprich & Co., referring to making bets 

Treasuries will fall. 

 

(6)

“Domestically, the economic data continues 

to be middling, and when you look at Treasuries 

versus a number of other safe and sovereign 

assets, Treasuries still offer pretty good 

value.”

 

(出典 Bloomberg:May 24, 2014 3:05 AM GMT+0900

http://bloom.bg/1naYUgD)

 

 

 

■■2.ポイント単語和訳

([Treasuries:国債] [Gain:上昇] for First Time in Three Days 

Amid [Refuge Demand:逃避需要])

 

(1)

Treasuries rose [for the first time in three 

days:3日ぶりに] as investors seeking a refuge 

from [turmoil:混乱] in the Ukraine and slower 

economic growth in Europe [ignored:無視する] a 

report showing U.S. [home purchases:住宅購入] 

climbed the most in six months.

 

(2)

[Yields:利率] on benchmark 10-year [notes:債券] 

declined from almost a one-week high as violence 

[marred:妨害する] preparations for Ukrainian 

elections on May 25. 

 

(3)

German [business confidence:景況感] fell 

more than forecast amid signs that [expansion:拡大] 

of the euro area’s [largest:最大の] economy will 

slow this quarter. 

 

(4)

[Treasury yields:国債金利] were at almost the 

highest level [relative to:~と比較して] German 

bunds since 2007.

 

(5)

“No one wants to be [short going:ショートする] 

into a weekend where there is the [election:選挙] 

in Ukraine and the potential for more violence,” 

said Larry Milstein, managing director in 

New York of government-debt trading at R.W. 

Pressprich & Co., referring to making bets 

Treasuries will fall. 

 

(6)

“[Domestically:国内], the economic data continues 

to be [middling:良くも悪くもない], and when you 

look at Treasuries versus a number of other [safe:逃避先] 

and sovereign assets, Treasuries still [offer:提供する] 

pretty good value.”

 

 

 

■■3.英文区切り

([Treasuries:国債] [Gain:上昇] for First Time in Three Days 

Amid [Refuge Demand:逃避需要])

 

(1)

Treasuries rose /

   [for the first time in three days:3日ぶりに] /

as investors /

seeking a refuge /

from [turmoil:混乱] /

   in the Ukraine /

and slower economic growth /

   in Europe /

[ignored:無視する] /

a report /

   showing U.S. [home purchases:住宅購入] /

   climbed the most /

   in six months.

 

-------------------------------------------------------

これ以降は、「毎日5分!経済英語NEWS」

http://www.mag2.com/m/0001212350.html

でのみの公開となります。

 

 

 

■■4.対訳

([Treasuries:国債] [Gain:上昇] for First Time in Three Days 

Amid [Refuge Demand:逃避需要])

(国債、逃避う需要で3日ぶりの上昇)

 

(1)

Treasuries rose /

   [for the first time in three days:3日ぶりに] /

as investors /

seeking a refuge /

from [turmoil:混乱] /

   in the Ukraine /

and slower economic growth /

   in Europe /

[ignored:無視する] /

a report /

   showing U.S. [home purchases:住宅購入] /

   climbed the most /

   in six months.

(投資家らはウクライナの混乱と、ヨーロッパの

鈍い経済成長からの逃避先として求め、米住宅購入が

6か月で最も上昇した報告は無視し、国債は3日ぶりに

上昇した。)

 

-------------------------------------------------------

これ以降は、「毎日5分!経済英語NEWS」

http://www.mag2.com/m/0001212350.html

でのみの公開となります。

 

 

 

■■5.訳出のポイント解説(英語)

(無料版では、有料版冒頭部のみ掲載しています。)

-------------------------------------------------------

今日は、(1)で登場した「~ぶり」についてです。

 

この「~ぶり」は英語で様々な表現があります。

3つほどありますが、違いを分かりやすくして、

口語体で訳してみます。

 

 

・This is the first time to speak English in five years.

 (いやーこの5年間で、英語話すのなんて初めてですよ。)

 

・I have never spoken English for the past five years.

 (この5年間英語なんて喋ってませんでしたよ。)

 

・It is five years since I spoke English last.

 (最後に英語しゃべってから、もう5年経ちました。)

 

大体どれも、同じようなこと言っています。

 

-----------------------------------------------------

 

(続きは【毎日5分!経済英語NEWS 有料版】

http://www.mag2.com/m/0001212350.html

 

※サンプルも上記URLからご覧になれます。

※月の途中で登録されても、その月始めの配信分が送られてきます

※たとえば1月25日に登録されても、2月1~24日のメールマガジンがまとめて

発行されます.

 

 

 

■■6.訳出のポイント解説 (経済)

今日は国債長期金利に関するニュースでしたね。

 

長期金利が下がった、上がったなどと話していますが、

 

いったいどういうことだか、理解している人は意外と少ないと思います。

 

債券というのは通常固定金利です。

当然、日本国債も固定金利が多いです。

(変動金利国債もありますが。)

 

つまり、日本でインフレが発生しようが、

デフレが発生しようが、金利1%と言われたら、

変化しません。

 

そうなると、

 

「へ~、じゃあ金利は変わらないんじゃないの?

ニュースで言ってること意味わかんないじゃん。」

 

と、なってしまうと思います。

 

国債金利は変わりませんが、

ニュースで言っていることはあっています。

 

具体的な例で、説明しましょう。

 

太郎君は、10年物国債を100万円分、固定金利1%で購入しました。

 

この国債は、利率が1%なので、100万円の1%、

1万円を、毎年貰えます。

(ちなみに、本物の国債は半年ごとに、金利が支払われます。)

 

1年後、太郎君は1万円を貰いました。

 

太郎君はウハウハです。

 

しかし、1年後、太郎君は、車が欲しくなってしまいました。

 

ところが、国債は、満期(今回は購入してから10年後)にならないと

元本(今回は100万円)が返ってきません。

 

そこで、太郎君は、国債を買ってくれるという人を探します。

 

太郎君の友達には、国際投資家のマイケルがいます。

 

太郎君は、マイケルに国債を元々の100万円で、売ろうとしました。

 

ちょうど、そこに今回のニュースが飛び込んできました。

 

ユーロ圏は、危ない。

ドルもあやしい。

 

じゃあ、日本の円で運用しよう!

けど、日本の株式会社は、オリンパス事件とかで怪しいから、

国債で運用しよう!となりました。

 

すると、国際投資家のジェームスやデービットも太郎君の

国債が欲しくなりました。

 

もちろん太郎君には、いいニュースです。

問題はこれをいくらで売るかです。

 

10年持ってれば、10万円貰えることが、決まっています。

 

しかし、太郎君は既に1年持っていたので、残り9万円です。

 

ということは、9年後に、109万円になることは確実です。

 

そこで、国際投資家のマイケル、ジェームス、デービット

の間で競争が起きます。

 

結局マイケルが、105万円で、国債を購入することになりました。

 

9年後に、109万円で売れるものを、105万円で売れるということです。

 

一年間に換算すると、

 

4万円÷9年=約、4444円/年

 

の価値となります。

 

利回りはいくらでしょう?

 

太郎君が持っていた時、購入価格が100万円で、年に一万円貰っていたので、

利回り1%でした。

しかし、マイケルが持っている時は、購入価格が105万円で年に4444円しか

もらえませんので、

 

4444÷105万×100=0.423%

 

なんと0.423%になってしまいました。

 

これと全く同じことが、日本の国債市場でも

起きています。

 

たくさんの太郎君と、たくさんのマイケル、デービット、ジェームス

がいる場所が、国債市場です。

 

国債金利が下がる」

 

とは、つまり

 

国債の需要が上がった」

 

と言っているんですね。

 

価格が決まれば金利が決まり、金利が決まれば価格が決まります。

 

需要と供給によって変化するので、国債も、金融商品と言われます。

 

ニュースの深い部分まで理解していきましょう!

 

 

 

■■7.もう一度原文

(Treasuries Gain for First Time in Three Days Amid Refuge Demand)

 

(1)

Treasuries rose for the first time in three 

days as investors seeking a refuge from turmoil 

in the Ukraine and slower economic growth in 

Europe ignored a report showing U.S. home 

purchases climbed the most in six months.

 

 

 

■■8.一年前のメルマガ

一年前のニュースを読むことで、世界がどのように変わってきたのかを

より俯瞰して見れるようになります。

英語の勉強にもなりますので、余裕ある方はご覧ください。

 

----------------------------------------------------------------

 

「毎日5分!経済英語NEWS」

http://www.mag2.com/m/0001212350.html

でのみの公開となりました。

 

-------------------------------------------------------------------------

 

 

 

■■9.「5040円でTOEICの点数を400点あげる方法」

 

■英語なんか出来なくても良い

 

私は以前、日本人が英語をしゃべる必要なんかないと思っていました。

なぜなら、仕事はできるのです。英語なんか喋れなくても。

しかし、、、ユニクロ楽天、と大手企業はみんな英語を公用語にしました。

私の上司も英語を勉強をするように促し、なんだかいつの間にか社内は

外国人が多くなってきていました。

隣の外国人が何を喋ってるか全くわからない。。。

ミーティングで若手が外国人と何かを喋っている。。。

恐怖を感じました。

 

■英語はできなければいけない

 

そんなある日、朝のミーティングで部長から発表がありました。

「当社は管理職の条件として、TOEIC700点を義務付けることとなった。」

まさか。。。私の会社はそんなことないと思っていたのに。。。

しかし、これが現実です。

グローバル化の波が日本に押しよせていたのです。

もしかしたら、明日は、「当社は公用語が英語になった」と言われるかもしれません。

ふと横を見ると、42歳の先輩の顔は真っ青でした。

普段から、英語なんて必要ないと豪語しておられた方で、

次期部長であると期待されてた方です。

私はどうにかしなければと焦っていました。

ふと目に留まったのが、なんとなく読んでいた、

八木さんの無料メルマガに書いてあった教材です。

一誌たったの28円。

大した額じゃないし、やってみるかと軽い気持ちで始めたんです。

今まで英語の勉強なんて全然続かなかったんです。本当に。

いろいろ試しました。

英会話学校やらDUOやらNHKラジオ講座やら。。。

しかし、つまらない英文を、難しい言葉で解説されて、

いつも途中でやめてしまうんです。

 

■続けられる英語教材 

 

八木さんの教材だけは別でした。

英語の実力がついてるかはいまいち分かりませんでしたが、

毎日勝手に送られてくるので、自動的に毎日読んでいたのです。

行き帰りの電車の中で、ぼけーっと読んでいただけです。

 

■TOEIC480点アップ 

 

この勉強を始めて、6カ月後、TOEICを受けに行きました。

「あれ、なんか英語が分かるな~」という感触は確かにありました。

ただ、分からない部分もあったので、点数はそんなに期待していませんでした。

しかし、結果は私の予想をはるかに上回っていました。

びっくりです。

なんとあれほど勉強しても上がらなかったTOEICの点数が、

820点なのです。

6カ月前は340点でしたので、なんと480点アップです。

八木さん本当にありがとうございました。

 

■私と先輩の運命

 

先月なんと、私が部長に昇進いたしました。

最年少での部長昇進だそうです。

八木さんの教材に出会わなかったら、リストラ候補だったかもしれません。

実際、顔を青くされていた先輩は、現在リストラ候補です。

私からクビを言い渡さなければいけないかもしれず、

ちょっと気まずいですが。。。

このメール、紹介に乗せても結構ですので、是非使ってください。

本当にありがとうございました。

-----------------------------------------------------------------------

 

以上、実際に先日送られてきたメールです。

(※長かったので、見出しをつけて整理させていただきました。)

 

TOEIC480点上がったという方は珍しいですが、200点、300点程度であれば

良くメールを頂きます。

 

もちろん購読していただいたのは

「毎日5分!経済英語NEWS!」

http://bit.ly/vM6QxW

です。

(※上記URLからサンプルもご覧になれます。)

 

今なら、

 

「4200円でTOEICの点数を480点あげる方法」

 

ですね。一か月無料なので。

 

「毎日5分!経済英語NEWS!」只今、1か月無料キャンペーン中!

今なら、途中で解約しても無料です!

http://bit.ly/vM6QxW

(※上記URLからサンプルもご覧になれます。)

 

 

 

■■10.今週のTED

このコーナーでは経済英語NEWSという枠を飛び出して、

おもしろかったり、感動したり、役に立ったりする話を紹介しようかと

思います。

そちらの方が、飽きずに繰り返し見ることができると思いますので。

 

では、今週のTEDです。

 

ポール・ピフ: お金が人を嫌なヤツにする?

16分35秒

http://bit.ly/1q8PAh0

 

どうやって格差をなくすかというのは永遠の課題ですね。

しかし、ある程度格差がんなければ発展しないことも、

ロシアが教えてくれています。

 

どちらにせよ難しいです。

 

※最初は字幕日本語(慣れるまで)→字幕英語(慣れるまで)→音だけ

 をやればかなり英語が上達すると思います。

 この英語NEWSとともに頑張ってみてください。

 

 

 

■■11.今、気になる日本語ブログBEST3!

(英語のメルマガじゃないの?と突っ込まれそうですが、

英語だけじゃなく、日本語の経済ニュースを深く理解していなければ、

英語を翻訳できません。私の気になるブログを紹介します。

基本は、毎日1ブログ更新しています。)

----------------------------------------------------------------

3位 それでも「地方回帰」の流れを作るために

   http://agora-web.jp/archives/1596362.html

 

私も地方に帰りたい!というような魅力的な街がいいですね。

個人的には、自動運転自動車が開発されれば、

移動の不便さがなくなるので、かなりいいような気がします。

そういう意味で、地方って全然捨てたもんじゃないと思うんですよね。

後は原子力動かして、電気代を安くして、電気自動車を発展させれば、

都心になんている意味ないですよ。

 

----------------------------------------------------------------

2位 ヤンキー化する日本経済〔2〕 - 

http://blogos.com/article/86957/

 

私はマイルドヤンキーではないので微妙な問題ですがw

苦手なんですよね、ヤンキーの人w

増えないでほしいですw

 

----------------------------------------------------------------

【NEW】1位 北方領土妥協をプーチン大統領が示唆 

      ロシアは日本に一番近い資源大国

http://markethack.net/archives/51923308.html

 

ロシアを捨てるのはもったいないですよね。

LNGの価格に間違いなく影響してきます。

日本に近いですしね。

仲良くしたいところですね。

 

 

 

■■12.編集後記

うーん、国債は確かに下落していますが、

株価は下がっていないんですよね。

 

お金がどこから湧いて出てきているのでしょうかw?

 

もちろん日本から出ているわけです。

日銀のお金が、日本の市中銀行に流れ、

それが、海外の国債投資につながるわけです

日本ではまったく循環していないんですw

笑えますねw

 

継続は力なり!

だめでもともと!(笑)

八木翼でした。

 

「八木翼のその他の活動」

 

・ バフェットの眼(無料)

http://www.mag2.com/m/0001277652.html

 

・ バフェットの眼(有料版)

http://www.mag2.com/m/0001595741.html

 

ブログ再開しました。

お時間あれば是非読んでみてください。

バフェットの眼

http://tentengu.hatenablog.com/

 

感想、要望等ありましたら

お気軽にご連絡ください。↓

(問い合わせいただいたご意見はメルマガで公表する場合があります。)

die-try-in@hotmail.co.jp

 

広告のお申し込みはこちらをご確認ください。

http://keizai-news.sakura.ne.jp/contact/index.html

 

twitterもやっております。

http://twitter.com/#!/tentengu

 

引用、参考資料

CNNMoney

NHK (Japan Broadcasting Corporation)

The New York Times

 

□■----------------------------------------------------------------□■

 

 

◎【毎日5分!経済英語NEWS(解説付き)】

配信停止はこちら↓

http://www.mag2.com/m/0001212350.html

 

メルマガ発行者:八木翼↓

http://keizai-news.sakura.ne.jp/

 

ホームページはこち↓

http://keizai-news.sakura.ne.jp/

 

八木翼へのお問い合わせ

(問い合わせいただいたご意見はメルマガで公表する場合があります。)

die-try-in@hotmail.co.jp

 

twitterもやっております。

http://twitter.com/#!/tentengu

 

までご連絡ください。

 

□■----------------------------------------------------------------□■

■有料読者からの声

 

大分時間が経ってしまったのですが、アンケートの結果の際に、

頂いたコメントを掲載しております。

 

「本当はこの意見載せないほうが自分のため?(笑)」

と思うものもあったのですが、逆に信ぴょう性が高まると考え、

全部載せることにしましたw(こんなブラックなところ言わなくていいかw)

 

面白いご意見たくさんいただいています。

 

ちなみにこのメルマガ読者の読んでいただいている年代は、

男性の40歳~49歳がピークでした。

私の上司くらいの年齢ですね。

読んでいただきありがとうございます。

 

職業別で言いますと、私はこれが意外だったのですが、

技術系の方が一番多かったです。

確かに私の前職が技術職だったのですが、文系の人が

多いのかなーと勝手に勘違いしていたので驚きでした。

 

続いて多いのが、経営・管理職の方でした。

やはり経営や管理職をしている方というのは、

忙しいので、手軽に勉強できるこのメルマガが

使いやすいのかなーとも思います。

(経済ニュースも抑えられますし。)

このメルマガでは、結構日本で報道しないような

経済のニュースを取り上げますので、そこらへんも大きいかなー

と思います

 

さてさて、厳しいご意見も満載ですが、是非ご覧くださいw

 

 

・先月から読ませてもらっています。正直経済は苦手なので、

いつも苦労しながら読んでいます。八木さんの解説が頼みの綱です^^; 

半年後くらいにはすこしは分かるようになってると信じて、

続けたいと思います。これからも頑張ってください。

 

・私には、経済英語は、日本語にしても難しいのに、

いつもわかりやすい解説をありがとうございます。

 

・いつも大量ともいえる量の内容量を発信してくださりありがとうございます 

最近は、英語がすこし読めるようになってきました。

Youtube や iTune U では海外の大学の講義がみれるそうです。 

できれば、海外の講義や、過去のApple のプレゼンなども 英文になると、

どうなるのか、そしてその訳はどんなものになるか とても興味があります。

また、八木さんは株式投資もしていらっしゃるようなので 財務関連、

とくに海外の企業はどんなIRをだしているのかも見てみたいと思います。 

日本の企業といまだ成長を続けるGoogleAmazon これらの企業はどんな

違いがあるか知ることができそうです。

また URL修正していただきありがとうございました。

本日、興味深い講習にでてきました フリーランスの人が集まって

プロジェクトを行うというものです。

もし、英語ができるようになるなら 独立して、海外のいろいろな

プロフェッショナルと仕事ができそうで 楽しみです。 

目標の1つとして、海外で開かれるDEFCON で優勝したいのですが 

これには英語が必須です。

スキルをあげて、はやく参加できるようになりたいと思います。 

ちなみに、DeFCON はセキュリティの大会のようなもので 

ハッキングコンテストのようなものです。

新しい情報、そしてスキルはいつも海外にありますので 

情報を集めて実践するには英語は私にとって必須です。 

これからもよろしくお願いします

 

・有言実行。素晴らしいです。英字新聞のメールで、

質の高さは、一番ではないでしょうか。

体を大事にしてこれからも頑張って下さい

 

・高潔な見識に毎日感銘を受けています。

 

・八木さんのメルマガに出会って、私の人生が変わる気がしています。

ありがとうございます。

 

・メルマガは色々契約していますが、全て読んでいるのはこれだけです! 

今後も期待しています。

 

・「レベルアップ」はある日突然ドアを叩く

 

・約一年購読させていただいています。 英語と経済が毎日同時に学習

できるなんて、ビジネスマンにはとても効率のいい素晴らしいコンテンツ

だと思います。 英語苦手でしたが、だいぶ読めるようになりました。 

今後も継続しますので、体調に留意されながら、頑張ってください!

 

・毎日読んでいると確かに読む速さが上がります。

 

・経済も英語も苦手なので、現在は理解に時間がかかりますが、

一日のノルマの最優先項目として、頑張りたいと思っています。

 経済と英語をセットで学習できるなんて、感謝感謝です。

 

・時々変換ミスがあります。また英文が全文訳されていないときがあります。

 こういうケアレスミスがなくなると、忙しいから今日は「手抜き」?なんて

変なこだわりを持たずに素直に学べるようになります。 

毎日とはいえませんが時には3,4日まとめっていうこともありますが、

英語を読む力は少しづつ伸びているように思います。

これからも読み続けます。

 

・中身が濃いですが、経済と英語が共に理解できて重宝しています。

 今後とも、頑張ってください・

 

・毎日の習慣になりました。近所から応援しています。

 

・サラリーマンをしながらメルマガの配信を 毎日欠かさず

続けられるのは尊敬します。 是非これからも続けていただければと思います。

 

・毎日記事を選ぶ手間が省けて、量的にもちょうどよく、

とても役に立っています! 

今週のTEDはとてもいいですね。本当に参考になります。 

経済についてのご意見は、とても表層的で、見るに堪えません。

せっかく相応に理解されていますので、もう少ししっかり勉強するか、

言い方を変えられたほうがよろしいかと思います。 

引き続きよろしくお願いいたします。

 

・病院での仕事は、一般的な仕事とは全く違い世間から、とくに

経済に疎くなってしまいます。いろいろとコメントを参考にさせて

いただいてます。英語の勉強も去ることながら、ブログの紹介が

楽しみだったりします。私の周りでは聞かないことばかりです。

目から鱗です。 せっかくなので八木さんにはあまり縁のない今の

医療の現場について少し話したいと思います。 病院は基本的に

老人の来るところです。が、最近は前にもまして老人が増えてき

ている気がします。病院は老人でいっぱいです。

しかも、病院にかかる老人の年齢が上がってきて70代は当たり前、

80代は普通、90代もよくいるし、100才を見ても驚きません。 

一昔前までは80代の治療は控えたものになってましたが、最近では

一般的な治療をします。(高額医療で国が払う) 金がいくらあっても

足りませんね。 これからも、楽しいメルマガをよろしくお願いします。

 

・仕事をされながらの毎日のアップは大変かと思います。 

ご自分の意見もきちんと述べられ参考になります。 

私にとって少しレベルは高いのですが頑張ってやりたい

と思っています。

 

・本当にいいメルマガに出会えました!

 

・時間管理を厳しくしているとのこと。それができる人は

優秀な人だけです。集中力や自制心についても、

機会があれば言及してください。

 

・八木さんのメルマガは英語だけでなく、それに伴う経済解説について、

自分の言葉でわかりやすく伝えるように意識されているのがとても良いです。

 以前レポートで多読の重要性を言われていたかと思いますが、

これは本当にその通りだと思っています。 ただ、自分も正直できている

とは言えないので、このメルマガをしっかり読むところから始めたいと

思います。 これからも頑張ってください!

 

・分量は多めですが、それがいい刺激になります。

 

・何事も長続きしないのですが、わかりやすい経済解説を

読みたいがために英語も何とか読む機会が増えました。

 毎日継続されるのは大変な労力かと思いますが、

末永く続けていただけますようお願いいたします。

 

・毎日5分を購読し始めて約1年が立ちますが、TOEIC満点が

射程圏内入ってきました。学生時代に受けたTOEIC

リスニングに関しては満点近くとれていたのですが、

リーディングが足を引っ張る形でスコアが伸びませんでした。

しかし、毎日ホントに5分間、八木さんのメルマガで勉強を

続けるうちに、いつのまにかTOEICのリーディングが余裕で

こなせるようになっていたことに先日気がつき、近々再び

受験しようと考えている次第です。

満点とれたら報告させて頂きます!それと、恋愛工学も

継続して学んでいきたいと思います!(笑)これからも

よろしくお願いします!

 

・毎朝研究室に来て一番にメルマガを読んでいます。

とても勉強になります。今後もよろしくお願いします!

 

・継続は力なりとおっしゃっていらっしゃる八木さん

ご自身がこのメルマガを毎日欠かさず書いていらっしゃる

ことに心から感嘆しています。

そのご努力に敬服しているのに、適当に流し読んでいる

自分に気づき、申し訳ないと反省する毎日です。

 

・脳のリフレッシュに楽しい教材です。英語も経済も。

 

・いつもありがとうございます

 

・毎日せっせと読んでいます。大変ありがとうございます。

 経済問題については、せっかく問題意識を持たれているよう

ですから、表層的な発言を控えて、もう少しよく勉強された

ほうがいいかもしれません。 

今日の記事、ニコンの業績が振れるのは、カメラ部門のせい

ではなくて、半導体(ステッパー)ですよ。

 

・こんにちは。 去年の12月から購読させて頂いてます。

 英語はずっと勉強し続けているのですが、少し飽き飽き

していたところにこのメルマガを見つけました。

以来、楽しく読ませていただいています。ありがとうございます。

単語和訳、英文区切り、訳出などかゆいところに手が届く、

とはこのことだなと思いながら読ませていただいています。

個人的には、ポイント解説のの単語や文法の説明が得に

わかりやすく感じます。 お仕事をされながらこのメルマガを

継続されているのだと思うと本当に頭が下がります。ただ、

私にも役にたっていますが、紹介した友人も絶賛していましたし、

たくさんの読者の方の英語力向上につながっていると思いますので、

これからもがんばってください!

 

・八木さん、いつもありがとうございます。八木さんは、

私の弟と同じ歳で、八木さんからのメルマガを読んでは、

弟も今頃頑張っているだそうな~と思っています。 

私は英語塾の講師をしていて、ニュース英語やTOEIC講座を

受け持っています。TOEICは950点超えているし英検一級も

持っていますが、大学では英文学しか勉強しなかったため、

ニュースも経済もさっぱりです。そんな私に良い刺激を

毎日くれるのが八木さんのメルマガです。

ノートに毎日、ニュースを英語で要約しています。

やってほしい企画は、漫画ハンターハンターの英検セリフ紹介です。

では、これからもよろしくお願いします。

 

・独自の解説楽しく拝見させて頂いております。

これからも楽しみにしています。 iPhoneを使っていますが、

本文のリンクが上手くいかない時があります。改善をお願いします。

 

・いつも流し読みさせていただいてます。 

時々とばしちゃうけど、いつも楽しみにしてます。

 

・信頼できる教科書

 

・"5分英語"を実践して1月13日のTOEICのスコアが

 560から645へupしました。

これからも良い情報をサービス してほしです。 

健康に気をつけてください。

 

・金融についてはかなりいい加減なご意見ですね。

間違い、偏見、独りよがりが多くてあきれます。 

頻出単語1000本ノック、是非お願いします。

 

・毎日配信を楽しみにしています!!

 

・いろいろと勉強させていただいています。 

ありがとうございます。 タイトルのように

5分で終えることができませんが。

 

・毎日少しずつ継続できるスタイルが私にぴったりです。

 ニュースの選択もセンスがいいと思います。 英語だけだと飽きますが、

経済ニュースがセットなので、毎日読めます。 

もう少し、英訳の解説を増やしてください。どうしてそう訳したのか?

と思うことが度々あります。 

TOEICで600後半から700点の自分には、もう少し構文の解説や、

TOEICテストに役立つ知識が欲しいです。

 

・いつもありがとうございます。 

これからも頑張ってください。 応援してます(^.^)。

 

・私、英語の勉強続いたことないのですが、これだけは継続しています。

力が付いたかは実感ありませんが、やらんよりましかな程度で読んでいます。

これ以上高くなるとやめると思いますので、

現状価格でなんとか頑張ってほしい。ヨロピク!

 

・毎日朝起きて、このメルマガを読むことが日課になってます!

経済の解説がとてもためになります!

これからもがんばって続けてください!!

 

・欠かさず読んでますよ!お体ご自愛ください。

 

 

 

■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■メルマガ説明 

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

この度はメルマガご購読頂き、誠にありがとうございます。

本メルマガの構成は以下のようになっております。

 

 ■1.原文

 ■2.ポイント単語和訳

  ■3.英文区切り

 ■4.対訳

 ■5.訳出のポイント解説

  ■6.ニュースのポイント解説(経済)

 ■7.もう一度原文

 

基本的には1~5の繰り返しで十分実力は付きます。

この流れで、英語の訳し方がわからない部分を学習していただきます。

 

---ここから先は余裕がある方-------------------------------------

  ■8.1年前の今日のニュース

 ■9.商品情報

  ■10.今週のTED(様々な有名人が英語で講演※和訳付き)

  ■11.今、気になる日本語ブログBEST3!

 ■12.編集後記

 

 

只今、「毎日5分!経済英語NEWS!」は1か月無料キャンペーン中です。

お早めにご登録ください。

http://bit.ly/vM6QxW 

(途中で解約しても無料ですので、迷う理由は何もありません。)

※月の途中で登録されても、その月始めの配信分が送られてきます

※たとえば6月25日に登録されても、6月1~24日のメールマガジンがまとめて

発行されます.