読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日1分!経済英語NEWS!

365日最新の英語ニュースを無料でお届けするのはこのメルマガだけ! 全ての文に日本語訳、英語解説がついているため、分からないはあり得ません。 読み続けることでTOEIC700点以上が期待できます。 「TOEICが200点上がった」などのメールが続々と届いています。 ワンクリックで簡単に登録できます。http://www.mag2.com/m/0001162214.html

【バフェットの眼】2016_02_02 バフェットのフィリップス66の買いは吉と出るか?

【バフェットの眼】2016_02_02 バフェットのフィリップス66の買いは吉と出るか?

ウォーレンバフェットがフィリップス66の株を買いまくっている
とのことですね。

今の石油市場については、間違いなくみんなが悲観しています。

そのため、今が底と言う考え方もできるでしょう。

確かに中国経済の減速は続くかもしれませんが、
その他の新興国の景気復活は十分にあり得る話です。

さて、バフェットの投資先に関する知見と、フィリップす66の概要、
さらに、今日は私の保有する銘柄も公開してきたいと思います。

 

それでは、どんな会社なのか調査していきましょう。

□■----------------------------------------------------------------□■

 

□■----------------------------------------------------------------□■
1.コノコフィリップス66を買い増すバフェット
□■----------------------------------------------------------------□■

いやー、大量に買っていますね。

こちらがそのニュースです。

気になる部分だけ抜き出して、要約してみましょう。
(長いので要約だけ見てください(笑)
こういう記事が日本語で掲載する企業が出てくれば嬉しいんですけどね。)

Warren Buffett’s Berkshire Hathaway can’t stop
buying shares of this big oil refiner
http://on.mktw.net/1Q93UO7
(バフェット、巨大オイル精製企業の株式取得を止められない)

Warren Buffett appears to be sniffing for opportunity
around oil, as crude prices have started the year on a
sour note, logging the third straight monthly loss for
January.
(バフェットは、原油が下落し始め、3カ月連続で損失を出し、
気まずいい思いをしている。)

According to a regulatory filing on Friday, Buffett’s
Berkshire Hathaway Inc. BRK.A, +0.21% bought 2.54 million
shares of Phillips 66 PSX, -0.84% shares last week,
spending about $198 million.
(金曜の報告では、先週、バフェットは254万株のフィリップモリス株を
買っている。1億9800万ドルを使って。)

The Berkshire filing came through Friday just hours after
Phillips 66 reported a 43% drop in profit and 38% slide
in revenue, as weak commodity prices weighed on the company.
(フィリップス66は、コモディティ価格の下落が重しとなり、
42%の利益の下落と、38%の収益を下落させた。)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

続きは有料版にて公開しております。
http://goo.gl/iZ3IlY

□■----------------------------------------------------------------□■
2.ちょこっとだけ来週の分析に備えてIRを見ておきましょう。
□■----------------------------------------------------------------□■

石油市場に関しては、そこまで慌てる必要はないと考えています。
なので、まずは下調べをしっかりするようにします。

財務諸表から抜き出したデータで、利益の源泉を探っていくと、
以下の通りです。

2015
Q4 YTD %(YTD2015)

Midstream -77 13 0%
Chemicals 212 962 23%
Refining 410 2,555 60%
Marketing and Specialties 231 1,187 28%
Corporate and Other -126 -490 -12%
Discontinued Operations - -
Phillips 66 650 4,227 約100%

一番稼いでいるのは、やはりRefining(精製)ですね。
精製にかかる料金は石油が上がろうが下がろう関係ない。
(というか、精製コストは、石油価格が下がれば下がるので、
むしろプラス)

というわけで、今後精製が鈍化する恐れはあまりないでしょう。

ちなみに2014年がこちらです。

 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

続きは有料版にて公開しております。
http://goo.gl/iZ3IlY

 

□■----------------------------------------------------------------□■
3.八木翼が現在買っている株
□■----------------------------------------------------------------□■

さて、最後に私の持っている株をご紹介していきましょう。

と言ってもこのメルマガで分析してきた株をメインで買っていますので、
既に購読されている方は、変わり映えのない株価もしれません。

購入額や割合については、掲載を控えておきます。

私が今現在保有しているのは、
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

続きは有料版にて公開しております。
http://goo.gl/iZ3IlY

 

■編集後記

いやー、それにしてもフィリップス66は良さそうなにおいが
ぷんぷんしますね。

確かに、短期的には石油価格の急落はマイナス材料なんですよ。

原油を買ってから石油を売るので、石油価格が暴落していると、
原油を高い時に買って、石油を安い時に売る羽目になるので。

しかしですね。その後。

石油価格が上がり始めれば、逆に利益が増加するわけです。
しかも、石油価格が低値で安定すれば、石油精製量は増えるので、
むしろ会社は儲かります。

石油はまだまだ有望ですね。

継続は力なり!
ダメでもともと(笑)

八木翼でした。

□■----------------------------------------------------------------□■

お断り:
メールマガジンで登録された氏名、メールアドレス
やクレジットカード番号等の個人情報は、発行者であ
る八木翼個人(以下、「発行者」といいます。)には通
知されておりません。

企業価値や株価等に関する情報に言及することがあ
りますが、本メールマガジンは、あくまで財務の分析
等について学んでいただくためのものであり、有価証
券や金融商品の価値等についての助言、投資その他
の勧誘、税務相談、法律相談等を行うことは目的にし
ておりません。

掲載される情報は発行者が信頼できると判断した情報
をもとに作成・加工しておりますが、内容及び情報の正
確性、完全性等について、発行者はいかなる責任も持
ちません。

また、時事の変化等に応じて、お届けする内容が予告し
ていたものと異なる場合があります。

メールマガジン本文および関連データの知的財産権
発行者に帰属しております。事前に承諾を得ることなく、
これらの内容を複製・加工・譲渡することはご遠慮くださ
い。
(ただし、通常の雑誌等と同様、常識及び著作権法等の
法令で認められる範囲内で、部分的に引用していただく
ことは差し支えありません。)


八木翼が行っているその他の活動

有料メールマガジン
・「毎日5分!経済英語NEWS!」( http://www.mag2.com/m/0001212350.html
 毎日1分!経済英語NEWS!のNEWSの約8倍の英文量、詳しい解説を提供。
 毎日一分だけで、英語ができるようにはなりません。
 多読することで、英語は習得できます。


無料メールマガジン
・「バフェットの眼(無料)」( http://www.mag2.com/m/0001277652.html
 有料メールマガジン「バフェットの眼」から企業について分析した
 一部の無料配信です。この無料メールマガジンでも十分勉強に
 なります。

□■----------------------------------------------------------------□■


◎【バフェットの眼】
配信停止はこちら↓
http://www.mag2.com/m/0001277652.html

メルマガ発行者:八木翼↓
http://keizai-news.sakura.ne.jp/

ホームページはこち↓
http://keizai-news.sakura.ne.jp/

八木翼へのお問い合わせ
die-try-in@hotmail.co.jp

もしくはtwitter
tentengu

までご連絡ください。

□■----------------------------------------------------------------□■

アップルの採用試験に合格するのと、今の市場で株式投資をすることは似ている。

株価下落が続いていますね。

私は、直近の株価が上昇するか、下落するかを
予測することなんて、とてもではありませんが、
分かりません。

しかし、1957年から2003年までの株式市場のパフォーマンスを
分析した「株式投資の未来」http://goo.gl/RL6VBy
という本によれば、ただ単にS&P500に連動した株式を買っているだけで、
年率11.18%のリターンを記録するわけです。

この傾向は全世界変わりません。

ちなみに、ウォーレンバフェットは、年率26.59%のリターンを上げています。

私は、バフェットのように株価を選ぶ能力に突出しているわけでは
ありませんが、「長期投資が最後に勝つこと」については、
自信を持って運用していますので、こうゆう時には買い進めることができます。

先日Twitterでアップルの採用試験にこんな問題があることを知りました。

「机の上に100枚コインがあり、10枚が表で90枚が裏である。
感覚、視覚、その他いかなる方法でも、コインがどちらを
向いているか知るすべはない。
2つの山に分け、表を向いているコインの数がどちらの山も
同数となるようにせよ。」

答えは

「山の中から、コインを10枚選び、その10枚を全てひっくり返す。」

です。

(例えば、選んだ10枚のコインが表3枚、裏7枚だったとすれば、
残り90枚の山には、表7枚、裏83枚があることになります。
10枚のコインのグループに含まれる裏向きコインの数と、
90枚のコインのグループに含まれる表向きコインの数は、
必ず一致しますので、10枚のコインのグループをひっくり返せば、
2つの山(10枚のコインの山と90枚のコインの山)は、同数になります。)

なぜこの答えが出ないのかというと、

「2つの山に分ける」=「50枚ずつの同じ数に分ける」
と、
「コインをひっくり返すことができない」
という、2つの概念に引っ張られているからです。

株式市場も同じです。

「今、株価が下がっている」=「まだ下がり続ける」

という概念に引っ張られていて、
事業内容」「企業の実質価値」
が、見落とされてしまうんですね。

「意味のない概念に引っ張られないこと」

今の社会では、株式投資でもアップルの入社試験でも
高価値を求める人には、同じ価値が問われているように思います。

【毎日1分!経済英語NEWS!】中国の住宅価格は上昇中!?

【毎日1分!経済英語NEWS!】中国の住宅価格は上昇中!?

 

いやー、年明けしょっぱなからの大暴落でしたね(笑)
大丈夫なんでしょうか。。。

しかし、中国からは明るい話題が届いています。
(信頼度は怪しいですが(笑))

なんと、住宅の価格は上がっているとのことです。

株があれだけ大暴落してたのに「本当かよ!?」
と突っ込みたくなるところですが(笑)

実は中国だけではなく、ロンドンなどでも、住宅バブルは
続いています。

アメリカの金利引き上げで、お金の流動性が落ち、
住宅取引に軋みが出始めたら、それぞれの地域で
一気に暴落する可能性がありますね。

現状を見ておきましょう。

 

----------------------------------------------------------------
私は朝5:00頃から、Twitterで私が気になった
ニュースをコメントを入れてツイートしています。

ここで一番リツイートされた記事を、翻訳しますので、
「この記事に興味がある。」という方は、
お気軽にリツイートをお願いします。

フォローはコチラからお願いします。

twitterはコチラ↓
http://twitter.com/#!/tentengu

Facebookはコチラ↓(友達申請も大歓迎です。)
http://on.ft.com/1YqWJoJ

ニュースを見てみましょう。

 


■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■【毎日1分!経済英語NEWS(解説付き)】2015_01_04
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
月刊発行部数 50万部突破!!
<おかげさまでまぐまぐ有料メルマガランキング「語学・資格部門
[第1位]になりました!!>↓順位が私の似顔絵入りで載っています。
http://www.mag2.com/ranking/ranking_stup.html
メルマガ発行者:八木翼 プロフィールはこちら↓
http://keizai-news.sakura.ne.jp/profile/index.html
※初めてご購読いただく方は、このメルマガ最下部にあるメルマガ説明をご覧ください。twitterはこちら↓
http://twitter.com/#!/tentengu

■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■メルマガ説明
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【初めてご購読いただく方へ】
本メルマガに関する説明は、このメールの一番下に記載してあります。

■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■1.原文
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(Housing prices in Chinese cities continued rise in December: report)

(1)
The average housing price in 100 benchmark
Chinese cities grew by almost one percent
month-on-month in December, marking the fifth
year-on-year and month-on-month rise in 2015,
according to a property research organization
on Friday.

(一部引用 China daily:Updated: 2016-01-02 07:36
http://bit.ly/1ZIPTh3

 

■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■2.英文構造診断
(「英文の切れ目」+「どこにS(主語)+v(動詞)があるか」を解説)
SVだけを記載するのは、それがあると文の骨組みが分かるからです。
第5文型などの細かい文法は、正直大事ではありません。
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(Housing prices in Chinese cities continued rise in December: report)

(1)
The average housing price /S1
in 100 [benchmark:基準となる] Chinese cities /
grew /V1
by almost one percent month-on-month /
in December, /
marking /V2(分詞構文)
the [fifth:5連続] year-on-year and month-on-month /(後ろのriseを修飾)
rise /O2
in 2015,
according to /V3
a [property research organization:資産調査組織] /S3
on Friday.

 

■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■3.対訳
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(Housing prices in Chinese cities continued rise in December: report)
(中国都市の住宅価格は上昇継続)

(1)
The average housing price /S1
in 100 [benchmark:基準となる] Chinese cities /
grew /V1
by almost one percent month-on-month /
in December, /
marking /V2(分詞構文)
the [fifth:5連続] year-on-year and month-on-month /(後ろのriseを修飾)
rise /O2
in 2015,
according to /V3
a [property research organization:資産調査組織] /S3
on Friday.
(資産調査組織によれば、中国100都市の平均住宅価格は、
12月、対前月比で1%成長し、2015年で、5年連続で
対前年比、対前月比の上昇を記録したと述べた。)

 

■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■4.訳出のポイント解説(英語)
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(無料版では、有料版冒頭部のみ掲載しています。)
-------------------------------------------------------
さて、今日は(5)の文章を解説してみたいと思います。
O1とS2がダブっているところがあり、少しわかりづらいですよね。


(5)
China /S1
is expected /V1
to [roll out:運用を開始する] [measures:対策(S2)] /O1
to reduce /(V2)
its [property inventory:棚卸資産] /(O2)
and stabilize /(V3)
its ailing housing market./(O3)

骨となる部分は、前に出てきている

(5)
China /S1
is expected /V1
to [roll out:運用を開始する] [measures:対策] /O1(S2)

だけです。

ここだけ和訳すれば、

・・・・・・・・・・・

-----------------------------------------------------
(続きは【毎日5分!経済英語NEWS 有料版】
http://bit.ly/vM6QxW

 

■■5.経済コラム
中国不動産のLGFVが明るみに出てきませんね。

LGFV(Local Government Financing Vehicle)というのは、
中国地方政府の”飛ばし”のことです。

中国の不動産開発の際に、LGFVを扱うことだけを目的として作られる、
特別目的会社SIV)というものがあります。

基本的に、中国の銀行は、直接、地方政府に融資してはならないという
ルールがあるのですが、それを避けるために、このようなペーパーカンパニー
を挟むんですね。

これによる調達資金で、地方政府は建物を建てまくりました。
そして、中国の景気はリーマンショック中もなんとか持ちこたえたんですね。

しかし、当然、建物を建てた債務は残っています。
で、このLGFVの債権を銀行が持っているだけというのなら、
そこまで大きな問題にはなりません。

このLGFVが一般の投資家にも販売されているんですね。

どのような商品かというと、日本で言うREITのような感覚で、
配当として、家賃収入が帰ってくるという仕組みです。

ところが、今回のニュースで述べられているとおり、
誰も建物を借りていません。

当然、家賃収入なんて生まれていませんので、
デフォルト必須なんですよね。

そうなると、リーマンショックと同じことが起こります。
が、それを隠すために中国政府は、公金を銀行に注入
しまくっているんですね。

この公金注入が続くというのが、大方の予測です。
この飛ばしのせいでGFFVは値段が下がり始めていますが、
リーマンショックの時のように、政府が公金で支払ってくれるから、
問題ないという見解です。

Too big To fail

大きすぎて潰せない問題は、いつの時代にも健在ですね。

今のところはこれで回っていますが。。。
本当にうまい具合にしぼむんでしょうかね。

 

■■6.もう一度原文
(Housing prices in Chinese cities continued rise in December: report)

(1)
The average housing price in 100 benchmark
Chinese cities grew by almost one percent
month-on-month in December, marking the fifth
year-on-year and month-on-month rise in 2015,
according to a property research organization
on Friday.

 

■■7.読者Q&A

一時は(私がめんどくさがって(笑))休止していた読者Q&Aが
復活しました。

ご質問ある方は、お気軽にご連絡ください。
(英語の質問、英文法の質問、ビジネスの質問など、
私に聞きたいことがあれば、基本的になんでもO.K.です。)
メール:die-try-in@hotmail.co.jp
twitterhttp://twitter.com/#!/tentengu
----------------------------------------------------------------
【読者からの質問】

【毎日5分!経済英語NEWS!】を購読しており、
毎回とても勉強になっています。ありがとうございます。

また、お正月中は配信休止かと思っていましたが、
通常通り配信していただき、どんなときもコツコツ続けることが
大切なんだと改めて身が引き締まりました。

今後も八木さんの姿勢を見習わせていただきます。

1点、お願いしたいことがございます。
可能であれば、意訳を加えていただくことはできませんでしょうか?

例えば、
最新の『【毎日5分!経済英語NEWS!】
中国の不景気はもう終わったのか?』の(3)ですが
(下記の部分)、日本語訳が理解できません。

直訳されているのでこのような文章になっているのだと思いますが、
当方、英語と直訳だけで理解できる段階でないため、
毎回記事の内容について消化不良のまま終わってしまいます。
自分が読み取ったことが果たして合っているのか、照らし合わせをしたいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(3)
Global investors /S1
are watching /V1
China’s economy /O1
closely /(watchingを説明する副詞)
after a year /
in which commodity prices /S2
slumped /V2
because of /
lower Chinese demand /
and [fears:恐怖] /S3
of a hard landing /
[hung over:覆う] /V3
markets /
in emerging and developed nations.
(世界の投資家は、低迷する中国需要により、
コモディティ価格が下落し、新興国発展途上国
市場を着陸失敗への恐怖で覆った年の後の、
中国経済を注意深く見ている。)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お忙しいところ大変恐れ入りますが、一度ご検討いただけますと幸いです。
よろしくお願い申し上げます。


----------------------------------------------------------------
【八木翼からの返答】

お褒めの言葉ありがとうございます。
個人的には、正月のほうが、時間が取れて楽にできたので
非常に楽しかったです。

さて、意訳の件ですが、申し訳ありませんが、対応できません。
というのも、それをしだすと、結局、訳に個人の裁量が出ますので、
理解できるできない、センスがあるない、と言った意見が
寄せられたからです。(何年か前に意訳をしていました。)

というわけで、対応はできないのですが、
この文の訳出のポイントとしては、
骨格を抑えてみてはいかがでしょうか?

・・・・・・・・・・・

-----------------------------------------------------
(続きは【毎日5分!経済英語NEWS 有料版】
http://bit.ly/vM6QxW

 

■■7.今週のTED
このコーナーでは経済英語NEWSという枠を飛び出して、
おもしろかったり、感動したり、役に立ったりする話を紹介しようかと
思います。
そちらの方が、飽きずに繰り返し見ることができると思いますので。

では、今週のTEDです。

知られざるスニーカー・マーケットとそれが重要である理由
http://bit.ly/1QBKrJx

いやー、これは面白いですよね。
皆さんは、5年前に投資するとしたら、どれに投資してます?

1.S&P500
2.アップル株
3.ナイキのエアジョーダン3

どれが一番儲かるかは、動画をご覧ください。

 

■■8.「5040円でTOEICの点数を480点あげる方法」

■英語なんか出来なくても良い

私は以前、日本人が英語を話す必要なんかないと思っていました。
なぜなら、仕事はできるのです。英語なんか喋れなくても。
しかし。。。
ユニクロ楽天、と大手企業はみんな英語を公用語にしました。
私の上司も英語を勉強をするように促し、なんだか
社内はいつの間にか外国人が多くなっていました。
隣の外国人が何を喋ってるか全くわからない。。。
ミーティングで若手が外国人と何かを喋っている。。。
恐怖を感じました。

■英語はできなければいけない

そんなある日、朝のミーティングで部長から発表がありました。
「当社は管理職の条件として、TOEIC700点を義務付けることとなった。」
まさか。。。私の会社はそんなことないと思っていたのに。。。
しかし、これが現実です。
グローバル化の波が日本に押しよせていたのです。
もしかしたら、明日は、「当社は公用語が英語になった」と言われるかもしれません。
ふと横を見ると、42歳の先輩の顔は真っ青でした。
普段から、英語なんて必要ないと豪語しておられた方で、
次期部長であると期待されてた方です。
私もどうにかしなければと焦っていました。
ふと頭によぎったのが、八木さんの有料メルマガです。
無料版は友達に紹介されて読んでいましたが、
有料版までは踏み切れずにいました。
一誌たったの40円。
大した額じゃないし、やってみるかと軽い気持ちで始めてみました。
今まで英語の勉強なんて全然続かなかったんです。本当に。
いろいろ試しました。
英会話学校、DUO、NHKラジオ講座。。。
しかし、つまらない英文を、難しい言葉で解説されて、
いつも途中でやめてしまうんです。

■続けられる英語教材 

八木さんの教材だけは別でした。
難易度の高い単語には、和訳が付いていましたし、
英文の構造を理解するために、英文が区切られているんです。
もちろん全英文に和訳付きですし、分からないところを質問すると、
すぐに答えてくれました。
英文解説もあり、今までなんとなく使っていた前置詞の使い方も
はっきりと分かるようになってきたのです。


■TOEIC480点アップ 

この勉強を始めて、6カ月後、TOEICを受けに行きました。
「あれ、なんか英語が分かるな~」という感触は確かにありました。

結果は私の予想をはるかに上回っていました。
びっくりです。
なんとあれほど勉強しても上がらなかったTOEICの点数が、
820点なのです。
6カ月前は340点でしたので、なんと480点アップです。
八木さん本当にありがとうございました。

■私と先輩の運命

先月なんと、私が部長に昇進いたしました。
最年少での部長昇進だそうです。
八木さんの教材に出会わなかったら、リストラ候補だったかもしれません。
実際、顔を青くされていた先輩は、現在リストラ候補です。
私からクビを言い渡さなければいけないかもしれず、
ちょっと気まずいですが。。。
このメール、紹介に乗せても結構ですので、是非使ってください。
本当にありがとうございました。
-----------------------------------------------------------------------

以上、実際に先日送られてきたメールです。
(※長かったので、見出しをつけて整理させていただきました。)

TOEIC480点上がったという方は珍しいですが、200点、300点程度であれば
良くメールを頂きます。

もちろん購読していただいたのは
「毎日5分!経済英語NEWS!」
http://bit.ly/vM6QxW
です。
(※上記URLからサンプルもご覧になれます。)

今なら、

「4200円でTOEICの点数を480点あげる方法」

ですね。一か月無料なので。

さらに現在、ハーバード大学ビジネススクールが実践している
「5行エッセイ」という英語勉強方法を有料メルマガコミュニティ内で
行っています。
是非、あなたも英語をアウトプットしましょう!
メンバーは既に550名を超えました!

まずは、【毎日5分!経済英語NEWS 有料版】に登録してください.
http://bit.ly/vM6QxW

-----------------------------------------------------
(【毎日5分!経済英語NEWS 有料版】
http://bit.ly/vM6QxW

只今、「毎日5分!経済英語NEWS!」は1か月無料キャンペーン中です。
お早めにご登録ください。
http://bit.ly/vM6QxW (こちらのURLにメルマガのサンプルがあります。)
※初月の途中で解約しても無料です。
※月の途中で登録されても、その月始めの配信分が送られてきます
たとえば12月25日に登録されても、12月1~24日のメールマガジンがまとめて
発行されます.

 

■■9.今、気になるブログBEST3!
(英語のメルマガじゃないの?と突っ込まれそうですが、
英語だけじゃなく、日本語の経済ニュースを深く理解していなければ、
英語を翻訳できません。私の気になるブログを紹介します。
基本は、毎日1ブログ更新しています。
あ、英語のブログもたまに入ってますw)
----------------------------------------------------------------
3位 中国のストライキ件数が過去最高
http://markethack.net/archives/51993756.html

さて、面白い指標ですね。
中国の製造業の悪化は、もちろん認識されていますが、
この指標では、最高潮に盛り上がっていますね。

中国政府もそろそろ民主化に舵を切らないと、
抑えきれなくなっているような気がします。

----------------------------------------------------------------
【NEW】2位 さらに思い切った対応する用意、日本経済は正念場=黒田日銀総裁
http://blogos.com/article/152876/

さっそく売りが加速していますが。。。
物価は本当に上がるんでしょうかね?
消費税増税でさらに厳しくなるのでは。。。

----------------------------------------------------------------
1位 世帯所得が低いほど穀類摂取量が多く、喫煙率・肥満率が高い - 厚労省
http://news.mynavi.jp/news/2015/12/10/501/

いやー、出てますね。
まあ、疫学データなのでどこまで信じていいのか分かりませんが、
感覚的にはあっている気がしますね。
太っていても優秀な人もいっぱいいますけどね(笑)
FRENGでも話題にしていますので、ぜひ英語のコメントに
挑戦してみてください。

FRENG~英語をガンガン使える場~
https://www.facebook.com/groups/FRENG/
(このURLに行った後、「グループに参加」ボタンを押してください。)

 

■■10.編集後記
さてさて、新年早々、日本の相場は下落していますが、
今後はどうなりますかねー。

今日の米株が見どころといったところでしょうか?

継続は力なり!
だめでもともと!(笑)
八木翼でした。


「八木翼のその他の活動」

・ バフェットの眼(無料)
http://www.mag2.com/m/0001277652.html

・ バフェットの眼(有料版)
http://www.mag2.com/m/0001595741.html

ブログ再開しました。
お時間あれば是非読んでみてください。
バフェットの眼
http://tentengu.hatenablog.com/

広告のお申し込みはこちらをご確認ください。
http://keizai-news.sakura.ne.jp/contact/index.html

twitterもやっております。
http://twitter.com/#!/tentengu

引用、参考資料
CNNMoney
NHK (Japan Broadcasting Corporation)
The New York Times
□■----------------------------------------------------------------□■


◎【毎日5分!経済英語NEWS(解説付き)】
配信停止はこちら↓
http://www.mag2.com/m/0001212350.html

メルマガ発行者:八木翼↓
http://keizai-news.sakura.ne.jp/

ホームページはこち↓
http://keizai-news.sakura.ne.jp/

八木翼へのお問い合わせ
die-try-in@hotmail.co.jp

twitterもやっております。
http://twitter.com/#!/tentengu

までご連絡ください。

■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■メルマガ説明
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この度はメルマガご購読頂き、誠にありがとうございます。
本メルマガの構成は以下のようになっております。

 ■1.原文
 ■2.構文解析
 ■3.対訳
 ■4.訳出のポイント解説
 ■5.経済コラム
 ■6.もう一度原文

基本的には1~5の繰り返しで十分実力は付きます。
この流れで、英語の訳し方がわからない部分を学習していただきます。

---ここから先は余裕がある方-------------------------------------
 ■7.今週のTED(様々な有名人が英語で講演※和訳付き)
 ■8.今、気になる日本語ブログBEST3!
 ■9.編集後記


只今、「毎日5分!経済英語NEWS!」は1か月無料キャンペーン中です。
お早めにご登録ください。
http://bit.ly/vM6QxW
(途中で解約しても無料ですので、迷う理由は何もありません。)
※月の途中で登録されても、その月始めの配信分が送られてきます
※たとえば2月25日に登録されても、2月1~24日のメールマガジンがまとめて
発行されます.

中国の不景気はもう終わったのか?

 

中国の不景気はもう終わったのか?

 

「終わっていない。」

結論行ってしまうと、これにつきますね。

今、世界にマネーは溢れかえっています。
かつてない規模の金融緩和を行い、日本にもアメリカにも、EUにも、新興国にも
過剰なマネーがわたっている状態です。

アメリカの金利引き上げで、流れは逆向きになり始めています。

景気にはサイクルがあります。
信用サイクルは引き締めの段階に入っていますね。
個人的には、まだ不景気が来る段階ではないと思っていますが。

余談ですが、最近3.11の被災地を訪れる機会がありました。

段々と、復興も進み、町は工事だらけで大忙しでした。

ただ、まだ壊れたガードレールなどが残っていている部分もありました。

で、不思議だったのが、倒れたガードレールは、全て海側に
向かって倒れているんですね。

「あれ?海から津波が来たのになんでだろう?」と思い、
質問してみたところ、

津波は引き潮のほうが強いから。」

とのことでした。

津波が陸を襲う時は、建物やら坂道やらで障害物が多くあり、
ある程度勢いが緩和されるそうです。

しかし、津波が引くときは違います。

建物はなぎ倒されていますし、坂道は下り坂で、戻るのに有利。
むしろ、勢いを増して戻るのだそうです。

金融も同じです。
ブルとベアなんていいますが、株価の上昇は、ゆっくりですが、
株価の下落は、急激です。

そろそろ注意して運用していきたいなと思っています。


----------------------------------------------------------------
私は朝5:00頃から、Twitterで私が気になった
ニュースをコメントを入れてツイートしています。

ここで一番リツイートされた記事を、翻訳しますので、
「この記事に興味がある。」という方は、
お気軽にリツイートをお願いします。

フォローはコチラからお願いします。

twitterはコチラ↓
http://twitter.com/#!/tentengu

Facebookはコチラ↓(友達申請も大歓迎です。)
http://on.ft.com/1YqWJoJ

ニュースを見てみましょう。

 


■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■【毎日1分!経済英語NEWS(解説付き)】2015_01_01
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
月刊発行部数 50万部突破!!
<おかげさまでまぐまぐ有料メルマガランキング「語学・資格部門
[第1位]になりました!!>↓順位が私の似顔絵入りで載っています。
http://www.mag2.com/ranking/ranking_stup.html
メルマガ発行者:八木翼 プロフィールはこちら↓
http://keizai-news.sakura.ne.jp/profile/index.html
※初めてご購読いただく方は、このメルマガ最下部にあるメルマガ説明をご覧ください。twitterはこちら↓
http://twitter.com/#!/tentengu

■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■メルマガ説明
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【初めてご購読いただく方へ】
本メルマガに関する説明は、このメールの一番下に記載してあります。

■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■1.原文
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(China manufacturing shrinks for fifth month)

(1)
China’s economy started the year with more
bad news as official data showed that the
manufacturing sector shrank for a fifth
straight month in December.

(一部引用Financial Times:January 1, 2016 5:38 am
Ben Bland in Hong Kong
http://on.ft.com/1PBvXK2

 

■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■2.英文構造診断
(「英文の切れ目」+「どこにS(主語)+v(動詞)があるか」を解説)
SVだけを記載するのは、それがあると文の骨組みが分かるからです。
第5文型などの細かい文法は、正直大事ではありません。
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(China manufacturing shrinks for fifth month)

(1)
China’s economy /S1
started /V1
the year /O1
with more bad news /
【as official data /S2
showed /V2
that /O2
the manufacturing sector /S3
shrank /V3
for a fifth straight month /
in December】.

 

■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■3.対訳
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(China manufacturing shrinks for fifth month)
(中国製造業は5か月連続で縮小)

(1)
China’s economy /S1
started /V1
the year /O1
with more bad news /
【as official data /S2
showed /V2
that /O2
the manufacturing sector /S3
shrank /V3
for a fifth straight month /
in December】.
(中国経済は、公式な発表で、12月の製造業が縮小し、
5カ月連続での縮小となったことを示し、悪いニュースで
始まった。)

 

■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■4.訳出のポイント解説(英語)
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(無料版では、有料版冒頭部のみ掲載しています。)
-------------------------------------------------------
今日は(3)の関係副詞に注目して欲しいと思います。


(3)
Global investors /S1
are watching /V1
China’s economy /O1
closely /(watchingを説明する副詞)
after a year /
in which commodity prices /S2
slumped /V2(in Chinaが続く)
because of /
lower Chinese demand /
and [fears:恐怖] /S3
of a hard landing /
[hung over:覆う] /V3
markets /
in emerging and developed nations.


私は、このメルマガでも頻繁に、関係代名詞や関係副詞
に関する質問を頂きます。

しかし、その質問のほとんどは、基礎的なことを理解していない
ことから起こる疑問です。

問題を出しながら、解説していきたいと思います。

This is the book ( ) I bought at the shop.

ここに入るのは、whichです。

この時、なんとなくwhichが入ると考えた人は、
少し文が複雑になると、関係代名詞の部分が理解できなく
なる可能性が高いです。

・・・・・・・・・・・

-----------------------------------------------------
(続きは【毎日5分!経済英語NEWS 有料版】
http://bit.ly/vM6QxW

 

■■5.経済コラム
中国経済の減速は続いていますね。

以前から中国経済は、信用拡大が蔓延しています。
これは何となくリーマンショックに似ているんですよね。


リーマンショックを少し振り返ってみましょう。

最初に起こったのは、サブプライムローンでした。
低収入の人でも借りられるようなローンを用意したのです。

アメリカの民間人が、返済不可能な巨額の借り入れをして、
家を買いました。

さらに、ヘッジファウンドが、その債権を、組み合わせ、
金融商品として、トリプルAの格付けをして、
投資家にその金融商品を売り付けたのです。

簡単に言うと、不動産のローンの金利は高いけど、みんなは
それぞれサラリーマンや起業家で、一斉に破産するようなものじゃない。
そのため、みんなの借金を切り刻んで、それを混ぜ合わせた商品は、
リスクが低くて安全なのに高利回りなんだよ。

と言って、売りつけまくったんですね。

簡単に言うと、賞味期限が切れたマグロでも、本当に腐っている
ものはごくわずかで、様々なマグロからの切り身を混ぜて食べたものは、
ほぼ腐ってないよ。と言っているような感じです。

これをみんなに売りつけたのですね。
この金融商品サブプライムローンです。

中国の状況も似ています。

中国の不動産屋が、返済不可能な巨額な借り入れをして、
ビルやらマンションやらを買い漁りました。

どうやって資金を調達していたのかというと、
不動産価格が上昇し続けるという幻想を元に、
シャドーバンク(影の銀行)と言われる銀行で、
投資信託を組んでもらい、中国の富裕層から
金を引っ張り出していたんですね。

サブプライムローンは、みんなが返せなくなるということはないという幻想。
中国の場合は、不動産価格が上昇し続けるという幻想(日本のバブル崩壊も同じ)

似ていますね。

さて、サブプライムローンの話に戻ります。
当然、借金は返せるはずがなく、金融商品の値段が崩れます。

この値段が崩れて、この金融商品を保有していた、
ファウンドは、大赤字となります。

中にはリーマンブラザーズのように倒産する企業が出てきました。

こうなると、世界は一気に不安に陥ります。

投資家は、金融商品を信用しなくなります。
すると、投資家が、金融商品を売るので、
世界中の金融商品、株が、大きく下落します。

これが、いわゆるリーマンショックですね。

今回も同じことが起こる可能性が高いです。
もはや不動産価格は上昇しておらず、
投資信託はペイできません。

この金融商品を保有している銀行は連鎖的に
倒産していく可能性が高いです。

リーマンショックの時は、
このままではまずいと、国が借金をして、お金をばらまきます。

お金が回るように、銀行を救済したりします。
銀行が潰れては、その他の大手メーカー等も
資金が回らなくなり、倒産が連鎖するためですね。

この救済がひと段落して、
いやー、一安心と思っていたのも束の間でした。

銀行を救済していた、国の借金がつみあがっていることが
問題となります。

それが、ギリシャ破たん、ユーロ下落等の問題として、
表面化してきました。

大きな金融危機は国家の信用が疑われ始めてから、
2回目になります。

皆の意識の中に、先進国の通貨が危ないという意識は、
まだないと思いますが、これが続けば怪しいですね。

今のところ、中国はアメリカのような、リーマンブラザーズを
潰すような愚はしていなさそうですが。。。

それをしないならしないで、不良債権の処理は
長引きますね。

景気は穏やかに悪い状態が続くと考えています。

 

■■6.もう一度原文
(China manufacturing shrinks for fifth month)

(1)
China’s economy started the year with more
bad news as official data showed that the
manufacturing sector shrank for a fifth
straight month in December.

 

■■7.今週のTED
このコーナーでは経済英語NEWSという枠を飛び出して、
おもしろかったり、感動したり、役に立ったりする話を紹介しようかと
思います。
そちらの方が、飽きずに繰り返し見ることができると思いますので。

では、今週のTEDです。

知られざるスニーカー・マーケットとそれが重要である理由
http://bit.ly/1QBKrJx

いやー、これは面白いですよね。
皆さんは、5年前に投資するとしたら、どれに投資してます?

1.S&P500
2.アップル株
3.ナイキのエアジョーダン3

どれが一番儲かるかは、動画をご覧ください。

 

■■8.「5040円でTOEICの点数を480点あげる方法」

■英語なんか出来なくても良い

私は以前、日本人が英語を話す必要なんかないと思っていました。
なぜなら、仕事はできるのです。英語なんか喋れなくても。
しかし。。。
ユニクロ楽天、と大手企業はみんな英語を公用語にしました。
私の上司も英語を勉強をするように促し、なんだか
社内はいつの間にか外国人が多くなっていました。
隣の外国人が何を喋ってるか全くわからない。。。
ミーティングで若手が外国人と何かを喋っている。。。
恐怖を感じました。

■英語はできなければいけない

そんなある日、朝のミーティングで部長から発表がありました。
「当社は管理職の条件として、TOEIC700点を義務付けることとなった。」
まさか。。。私の会社はそんなことないと思っていたのに。。。
しかし、これが現実です。
グローバル化の波が日本に押しよせていたのです。
もしかしたら、明日は、「当社は公用語が英語になった」と言われるかもしれません。
ふと横を見ると、42歳の先輩の顔は真っ青でした。
普段から、英語なんて必要ないと豪語しておられた方で、
次期部長であると期待されてた方です。
私もどうにかしなければと焦っていました。
ふと頭によぎったのが、八木さんの有料メルマガです。
無料版は友達に紹介されて読んでいましたが、
有料版までは踏み切れずにいました。
一誌たったの40円。
大した額じゃないし、やってみるかと軽い気持ちで始めてみました。
今まで英語の勉強なんて全然続かなかったんです。本当に。
いろいろ試しました。
英会話学校、DUO、NHKラジオ講座。。。
しかし、つまらない英文を、難しい言葉で解説されて、
いつも途中でやめてしまうんです。

■続けられる英語教材 

八木さんの教材だけは別でした。
難易度の高い単語には、和訳が付いていましたし、
英文の構造を理解するために、英文が区切られているんです。
もちろん全英文に和訳付きですし、分からないところを質問すると、
すぐに答えてくれました。
英文解説もあり、今までなんとなく使っていた前置詞の使い方も
はっきりと分かるようになってきたのです。


■TOEIC480点アップ 

この勉強を始めて、6カ月後、TOEICを受けに行きました。
「あれ、なんか英語が分かるな~」という感触は確かにありました。

結果は私の予想をはるかに上回っていました。
びっくりです。
なんとあれほど勉強しても上がらなかったTOEICの点数が、
820点なのです。
6カ月前は340点でしたので、なんと480点アップです。
八木さん本当にありがとうございました。

■私と先輩の運命

先月なんと、私が部長に昇進いたしました。
最年少での部長昇進だそうです。
八木さんの教材に出会わなかったら、リストラ候補だったかもしれません。
実際、顔を青くされていた先輩は、現在リストラ候補です。
私からクビを言い渡さなければいけないかもしれず、
ちょっと気まずいですが。。。
このメール、紹介に乗せても結構ですので、是非使ってください。
本当にありがとうございました。
-----------------------------------------------------------------------

以上、実際に先日送られてきたメールです。
(※長かったので、見出しをつけて整理させていただきました。)

TOEIC480点上がったという方は珍しいですが、200点、300点程度であれば
良くメールを頂きます。

もちろん購読していただいたのは
「毎日5分!経済英語NEWS!」
http://bit.ly/vM6QxW
です。
(※上記URLからサンプルもご覧になれます。)

今なら、

「4200円でTOEICの点数を480点あげる方法」

ですね。一か月無料なので。

さらに現在、ハーバード大学ビジネススクールが実践している
「5行エッセイ」という英語勉強方法を有料メルマガコミュニティ内で
行っています。
是非、あなたも英語をアウトプットしましょう!
メンバーは既に550名を超えました!

まずは、【毎日5分!経済英語NEWS 有料版】に登録してください.
http://bit.ly/vM6QxW

-----------------------------------------------------
(【毎日5分!経済英語NEWS 有料版】
http://bit.ly/vM6QxW

只今、「毎日5分!経済英語NEWS!」は1か月無料キャンペーン中です。
お早めにご登録ください。
http://bit.ly/vM6QxW (こちらのURLにメルマガのサンプルがあります。)
※初月の途中で解約しても無料です。
※月の途中で登録されても、その月始めの配信分が送られてきます
たとえば12月25日に登録されても、12月1~24日のメールマガジンがまとめて
発行されます.

 

■■9.今、気になるブログBEST3!
(英語のメルマガじゃないの?と突っ込まれそうですが、
英語だけじゃなく、日本語の経済ニュースを深く理解していなければ、
英語を翻訳できません。私の気になるブログを紹介します。
基本は、毎日1ブログ更新しています。
あ、英語のブログもたまに入ってますw)
----------------------------------------------------------------
3位 中国のストライキ件数が過去最高
http://markethack.net/archives/51993756.html

さて、面白い指標ですね。
中国の製造業の悪化は、もちろん認識されていますが、
この指標では、最高潮に盛り上がっていますね。

中国政府もそろそろ民主化に舵を切らないと、
抑えきれなくなっているような気がします。

----------------------------------------------------------------
2位 目指すは最年少上場! 現役女子高生の社長日記【1】 
-対談:AMF社長 椎木里佳×田原総一朗
http://blogos.com/article/152076/

なんか、気軽に起業している感じがいいですね。
こういう人が増えてくると、日本の未来は明るいのでは
ないでしょうか?

大企業の賃金を1万、2万増やしたって、日本の景気は
良くなりませんよ。
根本的に、国家の財政がうまく行ってないから、
将来的な不安は消えず、支出に回りません。

中央銀行がいくら市中銀行に金を流しても、ブタ積みするの同様、
消費機会が増やせるような行動を政府が促さないとダメです。

それを消すために増税するってのは、本末転倒です。
過去の借金を消すためには、インフレに持っていけば
済む話ですからね。

私は地域振興券、毎年10万もらえます。
っていう、単純な政策がいいと思っています。
1回でなく、長期的な利用が、消費拡大への道だと思うんですよね。

株もなんでもそうですが、長期にコミットしないと成果なんて
でないですよ。特に経済は。

----------------------------------------------------------------
【NEW】1位 世帯所得が低いほど穀類摂取量が多く、喫煙率・肥満率が高い - 厚労省
http://news.mynavi.jp/news/2015/12/10/501/

いやー、出てますね。
まあ、疫学データなのでどこまで信じていいのか分かりませんが、
感覚的にはあっている気がしますね。
太っていても優秀な人もいっぱいいますけどね(笑)
有料読者の方は、Facebookグループでも話題にしていますので、
ぜひ英語のコメントに挑戦してみてください。

 

■■10.編集後記
今年もいよいよ本格始動ですね。

さあ、気合入れていきましょう。

バカンスも終わりですねー(笑)

継続は力なり!
だめでもともと!(笑)
八木翼でした。


「八木翼のその他の活動」

・ バフェットの眼(無料)
http://www.mag2.com/m/0001277652.html

・ バフェットの眼(有料版)
http://www.mag2.com/m/0001595741.html

ブログ再開しました。
お時間あれば是非読んでみてください。
バフェットの眼
http://tentengu.hatenablog.com/

広告のお申し込みはこちらをご確認ください。
http://keizai-news.sakura.ne.jp/contact/index.html

twitterもやっております。
http://twitter.com/#!/tentengu

引用、参考資料
CNNMoney
NHK (Japan Broadcasting Corporation)
The New York Times
□■----------------------------------------------------------------□■


◎【毎日5分!経済英語NEWS(解説付き)】
配信停止はこちら↓
http://www.mag2.com/m/0001212350.html

メルマガ発行者:八木翼↓
http://keizai-news.sakura.ne.jp/

ホームページはこち↓
http://keizai-news.sakura.ne.jp/

八木翼へのお問い合わせ
die-try-in@hotmail.co.jp

twitterもやっております。
http://twitter.com/#!/tentengu

までご連絡ください。

■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■メルマガ説明
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この度はメルマガご購読頂き、誠にありがとうございます。
本メルマガの構成は以下のようになっております。

 ■1.原文
 ■2.構文解析
 ■3.対訳
 ■4.訳出のポイント解説
 ■5.経済コラム
 ■6.もう一度原文

基本的には1~5の繰り返しで十分実力は付きます。
この流れで、英語の訳し方がわからない部分を学習していただきます。

---ここから先は余裕がある方-------------------------------------
 ■7.今週のTED(様々な有名人が英語で講演※和訳付き)
 ■8.今、気になる日本語ブログBEST3!
 ■9.編集後記


只今、「毎日5分!経済英語NEWS!」は1か月無料キャンペーン中です。
お早めにご登録ください。
http://bit.ly/vM6QxW
(途中で解約しても無料ですので、迷う理由は何もありません。)
※月の途中で登録されても、その月始めの配信分が送られてきます
※たとえば2月25日に登録されても、2月1~24日のメールマガジンがまとめて
発行されます.

ウォルマートはただのスーパーじゃない。

【毎日1分!経済英語NEWS!】メールマガジンをお申し込みの方は、コチラから↓
http://www.mag2.com/m/0001162214.html

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

お正月というのは結構忙しく、家族の行事が入ってしまうので、
正直、あまり好きではないんですよね(笑)

ゆっくり本でも読んでいたいです。

さて、私は今、金額的に一番投資しているのはウォルマートです。

ウォルマートはなんといってもただのスーパーではありません。

カード会社を食ってしまう可能性もありますね。

記事を見てみましょう。


----------------------------------------------------------------
私は朝5:00頃から、Twitterで私が気になった
ニュースをコメントを入れてツイートしています。

ここで一番リツイートされた記事を、翻訳しますので、
「この記事に興味がある。」という方は、
お気軽にリツイートをお願いします。

フォローはコチラからお願いします。

twitterはコチラ↓
http://twitter.com/#!/tentengu

Facebookはコチラ↓(友達申請も大歓迎です。)
http://on.ft.com/1YqWJoJ

ニュースを見てみましょう。

 


■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■【毎日1分!経済英語NEWS(解説付き)】2015_12_31
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
月刊発行部数 50万部突破!!
<おかげさまでまぐまぐ有料メルマガランキング「語学・資格部門
[第1位]になりました!!>↓順位が私の似顔絵入りで載っています。
http://www.mag2.com/ranking/ranking_stup.html
メルマガ発行者:八木翼 プロフィールはこちら↓
http://keizai-news.sakura.ne.jp/profile/index.html
※初めてご購読いただく方は、このメルマガ最下部にあるメルマガ説明をご覧ください。twitterはこちら↓
http://twitter.com/#!/tentengu

■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■メルマガ説明
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【初めてご購読いただく方へ】
本メルマガに関する説明は、このメールの一番下に記載してあります。

■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■1.原文
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(Chase, Wal-Mart Seek to Disrupt Mobile Payments Business in 2016)

(1)
American consumers will have more choices in
2016 for how they make purchases with their
smartphones as big banks and retailers vie
for market share against tech giants Apple Inc.
and Google.

(一部引用Financial Times:December 31, 2015 - 7:00 PM JST
Olga Kharif
http://bloom.bg/1PyBNMh


■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■2.英文構造診断
(「英文の切れ目」+「どこにS(主語)+v(動詞)があるか」を解説)
SVだけを記載するのは、それがあると文の骨組みが分かるからです。
第5文型などの細かい文法は、正直大事ではありません。
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(Chase, Wal-Mart Seek to Disrupt Mobile Payments Business in 2016)

(1)
American consumers /S1
will have /V1
more choices /O1
in 2016 /
for how they /(S2)
make /(V2)
purchases /(O2)
with their smartphones /
as big banks and retailers /S3
[vie:争う] /V3
for market share /O3
against tech giants Apple Inc. and Google.

 

■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■3.対訳
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(Chase, Wal-Mart Seek to Disrupt Mobile Payments Business in 2016)
(JPMorganとWal-Martは、2016年、携帯支払いビジネスの破壊をする)

(1)
American consumers /S1
will have /V1
more choices /O1
in 2016 /
for how they /(S2)
make /(V2)
purchases /(O2)
with their smartphones /
as big banks and retailers /S3
[vie:争う] /V3
for market share /O3
against tech giants Apple Inc. and Google.
(米消費者は、カラらのスマートフォンで、どのような支払
をするのかについて、大手銀行や、小売りが、技術大手の
AppleGoogleと市場シェアを争うことで、さらなる選択肢を
持つことになる。)

 

■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■4.訳出のポイント解説(英語)
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(無料版では、有料版冒頭部のみ掲載しています。)
-------------------------------------------------------
さて、今日も上から見ていきましょう。

----------------------------------------------------------
(1)
American consumers /S1
will have /V1
more choices /O1
in 2016 /
for how they /(S2)
make /(V2)
purchases /(O2)
with their smartphones /
as big banks and retailers /S3
[vie:争う] /V3
for market share /O3
against tech giants Apple Inc. and Google.

少し入り組んでいますが、骨格だけ出してしまえば、
大したことはありません。

骨格だけ抜き出してみましょう。

American consumers /S1
will have /V1
more choices /O1
as big banks and retailers /S3
[vie:争う] /V3
for market share /O3

文の骨格以外の部分は、基本的には、おまけの情報が
ついているだけですので、なくしてしまっても問題ありません。

もちろん、上方的価値を言っているのではなく、
文を理解するときに必要な価値の話です。

良く分からなくなったら、まずはS、Vを探すこと。
これを徹底してみてください。

・・・・・・・・・・・

-----------------------------------------------------
(続きは【毎日5分!経済英語NEWS 有料版】
http://bit.ly/vM6QxW

 

■■5.経済コラム
ウォルマートはもはやただのスーパーとは言えない
会社になってきていますね。

まず、実際に店に人に来る店舗というのは、やはり強いですね。

人間、生きていれば誰でも経験すると思うんですが、

「あ、~~がない!」
「あ、~~が切れてる!」
「あ、~~が食べたい!」

と、突発的な買い物が発生することは、多々あります。

その時に、ウォルマートなどに行って、
「決済方法はこっちのが安いなら登録しようかな。」
という気持ちを、その場で生み出させてくれます。

そう考えると、ウォルマートはやり方次第でまだまだ
勝てると思うんですよね。

アマゾンにさえも。

特に、生鮮食品の流通網をアマゾンが簡単に構築できるとは
思いません。

クレジットのフィーもなくせるようになるわけですから、
今後は店舗のほうがカード会社よりも強くなる可能性もあります。

アメックスとウォルマートは、もはや競合企業です。

しかも、ウォルマートに顧客が来るという点で、
ウォルマートのが有利です。

アメックスについては、検討しようと思っていますが、
ここのリスクはしっかり認識しておいた方がいいでしょうね。

 

■■6.もう一度原文
(Chase, Wal-Mart Seek to Disrupt Mobile Payments Business in 2016)

(1)
American consumers will have more choices in
2016 for how they make purchases with their
smartphones as big banks and retailers vie
for market share against tech giants Apple Inc.
and Google.

 

■■7.今週のTED
このコーナーでは経済英語NEWSという枠を飛び出して、
おもしろかったり、感動したり、役に立ったりする話を紹介しようかと
思います。
そちらの方が、飽きずに繰り返し見ることができると思いますので。

では、今週のTEDです。

知られざるスニーカー・マーケットとそれが重要である理由
http://bit.ly/1QBKrJx

いやー、これは面白いですよね。
皆さんは、5年前に投資するとしたら、どれに投資してます?

1.S&P500
2.アップル株
3.ナイキのエアジョーダン3

どれが一番儲かるかは、動画をご覧ください。

 

■■8.「5040円でTOEICの点数を480点あげる方法」

■英語なんか出来なくても良い

私は以前、日本人が英語を話す必要なんかないと思っていました。
なぜなら、仕事はできるのです。英語なんか喋れなくても。
しかし。。。
ユニクロ楽天、と大手企業はみんな英語を公用語にしました。
私の上司も英語を勉強をするように促し、なんだか
社内はいつの間にか外国人が多くなっていました。
隣の外国人が何を喋ってるか全くわからない。。。
ミーティングで若手が外国人と何かを喋っている。。。
恐怖を感じました。

■英語はできなければいけない

そんなある日、朝のミーティングで部長から発表がありました。
「当社は管理職の条件として、TOEIC700点を義務付けることとなった。」
まさか。。。私の会社はそんなことないと思っていたのに。。。
しかし、これが現実です。
グローバル化の波が日本に押しよせていたのです。
もしかしたら、明日は、「当社は公用語が英語になった」と言われるかもしれません。
ふと横を見ると、42歳の先輩の顔は真っ青でした。
普段から、英語なんて必要ないと豪語しておられた方で、
次期部長であると期待されてた方です。
私もどうにかしなければと焦っていました。
ふと頭によぎったのが、八木さんの有料メルマガです。
無料版は友達に紹介されて読んでいましたが、
有料版までは踏み切れずにいました。
一誌たったの40円。
大した額じゃないし、やってみるかと軽い気持ちで始めてみました。
今まで英語の勉強なんて全然続かなかったんです。本当に。
いろいろ試しました。
英会話学校、DUO、NHKラジオ講座。。。
しかし、つまらない英文を、難しい言葉で解説されて、
いつも途中でやめてしまうんです。

■続けられる英語教材 

八木さんの教材だけは別でした。
難易度の高い単語には、和訳が付いていましたし、
英文の構造を理解するために、英文が区切られているんです。
もちろん全英文に和訳付きですし、分からないところを質問すると、
すぐに答えてくれました。
英文解説もあり、今までなんとなく使っていた前置詞の使い方も
はっきりと分かるようになってきたのです。


■TOEIC480点アップ 

この勉強を始めて、6カ月後、TOEICを受けに行きました。
「あれ、なんか英語が分かるな~」という感触は確かにありました。

結果は私の予想をはるかに上回っていました。
びっくりです。
なんとあれほど勉強しても上がらなかったTOEICの点数が、
820点なのです。
6カ月前は340点でしたので、なんと480点アップです。
八木さん本当にありがとうございました。

■私と先輩の運命

先月なんと、私が部長に昇進いたしました。
最年少での部長昇進だそうです。
八木さんの教材に出会わなかったら、リストラ候補だったかもしれません。
実際、顔を青くされていた先輩は、現在リストラ候補です。
私からクビを言い渡さなければいけないかもしれず、
ちょっと気まずいですが。。。
このメール、紹介に乗せても結構ですので、是非使ってください。
本当にありがとうございました。
-----------------------------------------------------------------------

以上、実際に先日送られてきたメールです。
(※長かったので、見出しをつけて整理させていただきました。)

TOEIC480点上がったという方は珍しいですが、200点、300点程度であれば
良くメールを頂きます。

もちろん購読していただいたのは
「毎日5分!経済英語NEWS!」
http://bit.ly/vM6QxW
です。
(※上記URLからサンプルもご覧になれます。)

今なら、

「4200円でTOEICの点数を480点あげる方法」

ですね。一か月無料なので。

さらに現在、ハーバード大学ビジネススクールが実践している
「5行エッセイ」という英語勉強方法を有料メルマガコミュニティ内で
行っています。
是非、あなたも英語をアウトプットしましょう!
メンバーは既に550名を超えました!

まずは、【毎日5分!経済英語NEWS 有料版】に登録してください.
http://bit.ly/vM6QxW

-----------------------------------------------------
(【毎日5分!経済英語NEWS 有料版】
http://bit.ly/vM6QxW

只今、「毎日5分!経済英語NEWS!」は1か月無料キャンペーン中です。
お早めにご登録ください。
http://bit.ly/vM6QxW (こちらのURLにメルマガのサンプルがあります。)
※初月の途中で解約しても無料です。
※月の途中で登録されても、その月始めの配信分が送られてきます
たとえば12月25日に登録されても、12月1~24日のメールマガジンがまとめて
発行されます.

 

■■9.今、気になるブログBEST3!
(英語のメルマガじゃないの?と突っ込まれそうですが、
英語だけじゃなく、日本語の経済ニュースを深く理解していなければ、
英語を翻訳できません。私の気になるブログを紹介します。
基本は、毎日1ブログ更新しています。
あ、英語のブログもたまに入ってますw)
----------------------------------------------------------------
【NEW】3位 中国のストライキ件数が過去最高
http://markethack.net/archives/51993756.html

さて、面白い指標ですね。
中国の製造業の悪化は、もちろん認識されていますが、
この指標では、最高潮に盛り上がっていますね。

中国政府もそろそろ民主化に舵を切らないと、
抑えきれなくなっているような気がします。

----------------------------------------------------------------
2位 目指すは最年少上場! 現役女子高生の社長日記【1】 
-対談:AMF社長 椎木里佳×田原総一朗
http://blogos.com/article/152076/

なんか、気軽に起業している感じがいいですね。
こういう人が増えてくると、日本の未来は明るいのでは
ないでしょうか?

大企業の賃金を1万、2万増やしたって、日本の景気は
良くなりませんよ。
根本的に、国家の財政がうまく行ってないから、
将来的な不安は消えず、支出に回りません。

中央銀行がいくら市中銀行に金を流しても、ブタ積みするの同様、
消費機会が増やせるような行動を政府が促さないとダメです。

それを消すために増税するってのは、本末転倒です。
過去の借金を消すためには、インフレに持っていけば
済む話ですからね。

私は地域振興券、毎年10万もらえます。
っていう、単純な政策がいいと思っています。
1回でなく、長期的な利用が、消費拡大への道だと思うんですよね。

株もなんでもそうですが、長期にコミットしないと成果なんて
でないですよ。特に経済は。

----------------------------------------------------------------
1位 原子力と風力を比較する愚
“風力の発電能力、初めて原発抜く コスト減、普及後押し”との報道について
http://blogos.com/article/152392/

素晴らしい記事ですね。私は原子力推進派ですが、

・安定供給電源か、不安定供給電源かを明確にしている点。
・死者数と避難者数をリスクの観点で分離させている点。

が明確となっています。
原子力発電のほうが、死者数は少ないんですよね。
日本の場合、津波の被害との混同が激しくなっているように感じます。

リスクは定性的に分離すべきです。
それぞれ許容できるリスクの方向性は違うと思うので。


■■10.編集後記
さて、僕は来年の目標も書き終わったので初詣に
行ってきます。

ちなみに私は、来年の目標はノートパソコンの
キーボードとマウスパッドの間に貼り付けて、
いつも見るようにしています。

結局、メルマガを毎日書いていると、
いつも見る場所はここなんですよね(笑)

財布の中をみることは少ないので。

皆さんも、見えるところに目標を書き出しておきましょう!

継続は力なり!
だめでもともと!(笑)
八木翼でした。


「八木翼のその他の活動」

・ バフェットの眼(無料)
http://www.mag2.com/m/0001277652.html

・ バフェットの眼(有料版)
http://www.mag2.com/m/0001595741.html

ブログ再開しました。
お時間あれば是非読んでみてください。
バフェットの眼
http://tentengu.hatenablog.com/

広告のお申し込みはこちらをご確認ください。
http://keizai-news.sakura.ne.jp/contact/index.html

twitterもやっております。
http://twitter.com/#!/tentengu

引用、参考資料
CNNMoney
NHK (Japan Broadcasting Corporation)
The New York Times
□■----------------------------------------------------------------□■


◎【毎日5分!経済英語NEWS(解説付き)】
配信停止はこちら↓
http://www.mag2.com/m/0001212350.html

メルマガ発行者:八木翼↓
http://keizai-news.sakura.ne.jp/

ホームページはこち↓
http://keizai-news.sakura.ne.jp/

八木翼へのお問い合わせ
die-try-in@hotmail.co.jp

twitterもやっております。
http://twitter.com/#!/tentengu

までご連絡ください。

■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■メルマガ説明
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この度はメルマガご購読頂き、誠にありがとうございます。
本メルマガの構成は以下のようになっております。

 ■1.原文
 ■2.構文解析
 ■3.対訳
 ■4.訳出のポイント解説
 ■5.経済コラム
 ■6.もう一度原文

基本的には1~5の繰り返しで十分実力は付きます。
この流れで、英語の訳し方がわからない部分を学習していただきます。

---ここから先は余裕がある方-------------------------------------
 ■7.今週のTED(様々な有名人が英語で講演※和訳付き)
 ■8.今、気になる日本語ブログBEST3!
 ■9.編集後記


只今、「毎日5分!経済英語NEWS!」は1か月無料キャンペーン中です。
お早めにご登録ください。
http://bit.ly/vM6QxW
(途中で解約しても無料ですので、迷う理由は何もありません。)
※月の途中で登録されても、その月始めの配信分が送られてきます
※たとえば2月25日に登録されても、2月1~24日のメールマガジンがまとめて
発行されます.

【バフェットが苦戦!?いったいなぜなのか?】 from 毎日1分!経済英語NEWS!

【毎日1分!経済英語NEWS!】メールマガジンをお申し込みの方は、コチラから↓
http://www.mag2.com/m/0001162214.html

【バフェットが苦戦!?いったいなぜなのか?】 from 毎日1分!経済英語NEWS!


それもそのはず。
バフェットの投資スタイルとはそういうもんです。

過剰なリスクを取りに行かず、リスクがあるような投資は
積極的に拒否し続けています。

逆に、この好景気の中で絶好調であったら、
バフェットの投資が間違っているんじゃないか?
と思うべきです。


記事を見てみましょう。

あ、ちなみにですが、最近毎日5分を、午前中配送に
切り替えているんですが、皆さん午後配送のがいいんですかね?
(個人的な事情で切り替えさせてもらってます。
突然の切り替え申し訳ありません。)

個人的には変えることも可能なので、若干迷っています。
というわけで、アンケートを取らせていただこうと思います。

1問しかない簡単なものです。

「毎日5分!経済英語NEWS!」メルマガ有料読者アンケート
http://www.smaster.jp/Sheet.aspx?SheetID=108526

日本の国会議員選挙と違って、1票がかなりの影響力を
もっていますので、是非ご回答お願いします(笑)


----------------------------------------------------------------
私は朝5:00頃から、Twitterで私が気になった
ニュースをコメントを入れてツイートしています。

ここで一番リツイートされた記事を、翻訳しますので、
「この記事に興味がある。」という方は、
お気軽にリツイートをお願いします。

フォローはコチラからお願いします。

twitterはコチラ↓
http://twitter.com/#!/tentengu

Facebookはコチラ↓(友達申請も大歓迎です。)
http://on.ft.com/1YqWJoJ

ニュースを見てみましょう。

 


■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■【毎日1分!経済英語NEWS(解説付き)】2015_12_30
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
月刊発行部数 50万部突破!!
<おかげさまでまぐまぐ有料メルマガランキング「語学・資格部門
[第1位]になりました!!>↓順位が私の似顔絵入りで載っています。
http://www.mag2.com/ranking/ranking_stup.html
メルマガ発行者:八木翼 プロフィールはこちら↓
http://keizai-news.sakura.ne.jp/profile/index.html
※初めてご購読いただく方は、このメルマガ最下部にあるメルマガ説明をご覧ください。twitterはこちら↓
http://twitter.com/#!/tentengu

■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■メルマガ説明
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【初めてご購読いただく方へ】
本メルマガに関する説明は、このメールの一番下に記載してあります。

■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■1.原文
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(Warren Buffett faces worst year on stock market since 2009)

(1)
Investment guru Warren Buffett is headed for
his worst year relative to the rest of the US
stock market since 2009, with shares in his
conglomerate Berkshire Hathaway down 11 per cent
with two more trading days to go.

(一部引用Financial Times:Last updated: December 29, 2015 10:03 am
http://on.ft.com/1QVzGnk


■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■2.英文構造診断
(「英文の切れ目」+「どこにS(主語)+v(動詞)があるか」を解説)
SVだけを記載するのは、それがあると文の骨組みが分かるからです。
第5文型などの細かい文法は、正直大事ではありません。
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(Warren Buffett faces worst year on stock market since 2009)

(1)
Investment [guru:教師] Warren Buffett /S1
is headed /V1
for his worst year /O1
[relative to:~と比べて] the rest of the US stock market /
since 2009, /
with shares /S2
in his conglomerate Berkshire Hathaway /
down /V2
11 per cent /
with two more trading days to go.


■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■3.対訳
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(Warren Buffett faces worst year on stock market since 2009)
(ウォーレンバフェットは2009年以来、最悪の株式市場に直面)

(1)
Investment [guru:教師] Warren Buffett /S1
is headed /V1
for his worst year /O1
[relative to:~と比べて] the rest of the US stock market /
since 2009, /
with shares /S2
in his conglomerate Berkshire Hathaway /
down /V2
11 per cent /
with two more trading days to go.
(投資の先生であるWarren Buffettは、彼のバークシャーハサウェイ株
は、11%下落し、残り2日間の取引日を残し、他の米株式市場と比べて、
2009年以来の最悪の年に向かっている。)

 

■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■4.訳出のポイント解説(英語)
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(無料版では、有料版冒頭部のみ掲載しています。)
-------------------------------------------------------
さて、今日の注目は(2)ですね。

(2)
The underperformance /S1
comes /V1
in Mr Buffett’s Golden Anniversary year /
[at the helm:実権を握って],
when he /S2
told /V2
investors /O2-1
for the first time /
that /O2-2
they /S3
should judge /V3
his record /O3
based on Berkshire’s share price, /
rather than just the book value /
of the company, /
which /S4(Berkshire’s share priceのこと)
had been /V4
his [preferred:好む] [yardstick:基準] /C4
[for decades:数十年間].

これは、骨格さえ抽出すれば、簡単な文ですが、骨格という
概念を持っていないと、自分が今何を読んでいるのか
わけがわからなくなってしまうと思います。

骨格だけ抜き出してみると、

The underperformance /S1
comes /V1
when he /S2
told /V2
investors /O2-1
that /O2-2
they /S3
should judge /V3
his record /O3
based on Berkshire’s share price, /
which /S4(Berkshire’s share priceのこと)
had been /V4
his [preferred:好む] [yardstick:基準] /C4
[for decades:数十年間].

ものすごい見やすくなりました。

私の翻訳では、おまけを一段下げて記述しています。

おまけというのは、インターネットでいう、リンクと同じです。
リンクを開くと、その情報が見れるということです。

今日の文でいえば、
that(O2-2のところですね。)の後が、1段下がっています。

 

・・・・・・・・・・・

-----------------------------------------------------
(続きは【毎日5分!経済英語NEWS 有料版】
http://bit.ly/vM6QxW

 

■■5.経済コラム
さて、バークシャーハサウェイの業績は下がっていますね。

2つの大きな要因にアメックスとIBMがあります。

個人的にはIBMは内容が難しいため、手を出さないとしても、
アメックスは買いになってきたと思っています。

別のニュースになりますが、こんなことが書かれています。


At the May 2015 Berkshire Hathaway Shareholders Meeting,
the Oracle of Omaha said despite struggles, he remains
happy with American Express.

"American Express is still a very, very special company,"
he said. He also commended CEO Ken Chenault for doing a "
sensational job."

American Express stock declined 24.2% in 2015 through market
close Tuesday.

Shares have been dragged down by a number of factors,
including the [strong dollar:ドル高] and a lost deal with
Costco.

The company racked up a win in December when a federal appeals
court lifted a temporary ban on it, allowing it to
[reinstate:復帰させる] a longtime policy that [prohibits:禁止させる]
[merchants:承認] from [steering:操作する] [customers:顧客] toward
cheaper forms of payment.

ざっくり要約すると、

・バフェットはアメックスを売るつもりはない。
・アメックスの株価は、2015年24.2%下がった。
・いろいろな要因で下がっている。
 ドル高や、コストコとの取引がなくなったこと。
・店舗が手数料の安いカードで支払いを促していいのか?という
 問題については、勝訴している。
 (アメックスは手数料が高いので、店側が、客に対し、ビザで
  払ってくださいと、お願いするようなこと。)

というわけで、私的には、ドル高は続かないと思いますし、
コストコとの取引停止は、ブランド力の維持において適切だと思いますし、
裁判では勝訴しているし、ってことで、
いいことづくめな気がします。

アメックスは買いかもしれませんね。

少なくとも、世界一の投資家ウォーレンバフェットよりも、
有利な条件で投資に参加できます。

NISA枠で買おうかな。。。

ただ、ドル安円高になったとしても、VISAにとってはドル安は
プラス要因なので、相殺できますしね。

PERも12.57倍と割安です。


■■6.もう一度原文
(Warren Buffett faces worst year on stock market since 2009)

(1)
Investment guru Warren Buffett is headed for
his worst year relative to the rest of the US
stock market since 2009, with shares in his
conglomerate Berkshire Hathaway down 11 per cent
with two more trading days to go.

 

■■7.今週のTED
このコーナーでは経済英語NEWSという枠を飛び出して、
おもしろかったり、感動したり、役に立ったりする話を紹介しようかと
思います。
そちらの方が、飽きずに繰り返し見ることができると思いますので。

では、今週のTEDです。

知られざるスニーカー・マーケットとそれが重要である理由
http://bit.ly/1QBKrJx

いやー、これは面白いですよね。
皆さんは、5年前に投資するとしたら、どれに投資してます?

1.S&P500
2.アップル株
3.ナイキのエアジョーダン3

どれが一番儲かるかは、動画をご覧ください。

 

■■8.「5040円でTOEICの点数を480点あげる方法」

■英語なんか出来なくても良い

私は以前、日本人が英語を話す必要なんかないと思っていました。
なぜなら、仕事はできるのです。英語なんか喋れなくても。
しかし。。。
ユニクロ楽天、と大手企業はみんな英語を公用語にしました。
私の上司も英語を勉強をするように促し、なんだか
社内はいつの間にか外国人が多くなっていました。
隣の外国人が何を喋ってるか全くわからない。。。
ミーティングで若手が外国人と何かを喋っている。。。
恐怖を感じました。

■英語はできなければいけない

そんなある日、朝のミーティングで部長から発表がありました。
「当社は管理職の条件として、TOEIC700点を義務付けることとなった。」
まさか。。。私の会社はそんなことないと思っていたのに。。。
しかし、これが現実です。
グローバル化の波が日本に押しよせていたのです。
もしかしたら、明日は、「当社は公用語が英語になった」と言われるかもしれません。
ふと横を見ると、42歳の先輩の顔は真っ青でした。
普段から、英語なんて必要ないと豪語しておられた方で、
次期部長であると期待されてた方です。
私もどうにかしなければと焦っていました。
ふと頭によぎったのが、八木さんの有料メルマガです。
無料版は友達に紹介されて読んでいましたが、
有料版までは踏み切れずにいました。
一誌たったの40円。
大した額じゃないし、やってみるかと軽い気持ちで始めてみました。
今まで英語の勉強なんて全然続かなかったんです。本当に。
いろいろ試しました。
英会話学校、DUO、NHKラジオ講座。。。
しかし、つまらない英文を、難しい言葉で解説されて、
いつも途中でやめてしまうんです。

■続けられる英語教材 

八木さんの教材だけは別でした。
難易度の高い単語には、和訳が付いていましたし、
英文の構造を理解するために、英文が区切られているんです。
もちろん全英文に和訳付きですし、分からないところを質問すると、
すぐに答えてくれました。
英文解説もあり、今までなんとなく使っていた前置詞の使い方も
はっきりと分かるようになってきたのです。


■TOEIC480点アップ 

この勉強を始めて、6カ月後、TOEICを受けに行きました。
「あれ、なんか英語が分かるな~」という感触は確かにありました。

結果は私の予想をはるかに上回っていました。
びっくりです。
なんとあれほど勉強しても上がらなかったTOEICの点数が、
820点なのです。
6カ月前は340点でしたので、なんと480点アップです。
八木さん本当にありがとうございました。

■私と先輩の運命

先月なんと、私が部長に昇進いたしました。
最年少での部長昇進だそうです。
八木さんの教材に出会わなかったら、リストラ候補だったかもしれません。
実際、顔を青くされていた先輩は、現在リストラ候補です。
私からクビを言い渡さなければいけないかもしれず、
ちょっと気まずいですが。。。
このメール、紹介に乗せても結構ですので、是非使ってください。
本当にありがとうございました。
-----------------------------------------------------------------------

以上、実際に先日送られてきたメールです。
(※長かったので、見出しをつけて整理させていただきました。)

TOEIC480点上がったという方は珍しいですが、200点、300点程度であれば
良くメールを頂きます。

もちろん購読していただいたのは
「毎日5分!経済英語NEWS!」
http://bit.ly/vM6QxW
です。
(※上記URLからサンプルもご覧になれます。)

今なら、

「4200円でTOEICの点数を480点あげる方法」

ですね。一か月無料なので。

さらに現在、ハーバード大学ビジネススクールが実践している
「5行エッセイ」という英語勉強方法を有料メルマガコミュニティ内で
行っています。
是非、あなたも英語をアウトプットしましょう!
メンバーは既に550名を超えました!

まずは、【毎日5分!経済英語NEWS 有料版】に登録してください.
http://bit.ly/vM6QxW

-----------------------------------------------------
(【毎日5分!経済英語NEWS 有料版】
http://bit.ly/vM6QxW

只今、「毎日5分!経済英語NEWS!」は1か月無料キャンペーン中です。
お早めにご登録ください。
http://bit.ly/vM6QxW (こちらのURLにメルマガのサンプルがあります。)
※初月の途中で解約しても無料です。
※月の途中で登録されても、その月始めの配信分が送られてきます
たとえば12月25日に登録されても、12月1~24日のメールマガジンがまとめて
発行されます.

 

■■9.今、気になるブログBEST3!
(英語のメルマガじゃないの?と突っ込まれそうですが、
英語だけじゃなく、日本語の経済ニュースを深く理解していなければ、
英語を翻訳できません。私の気になるブログを紹介します。
基本は、毎日1ブログ更新しています。
あ、英語のブログもたまに入ってますw)
----------------------------------------------------------------
3位 蓮舫、育休取得の国会議員夫婦に「全く理解できない」で炎上 
「マタハラの典型例」「与党を攻撃できれば何でもいいのか」という声も
http://blogos.com/article/151626/

僕正直、どっちの気持ちもわかるんですよ。
こういう時、「子どもはどう思うのかな?」って視点が
大事だと思うんですよね。
そうすると、
「社会でバリバリ活躍してるお母さん、素敵!」って思う子もいれば、
「いつも一緒にいてくれるお母さん、素敵!」って思う子もいると思うわけです。

つまり、理想のお母さん像にずれがあるんですよね。
で、大事なのは、価値観を押し付け合わないこと。

日本人が持っている和って、こういうことだと思うんですよね。僕は。

だから、今回は、国会議員の育児休暇に反対する蓮舫さんが悪いんじゃなくて、
価値観を押し付けた蓮舫さんが悪いってことだと思うんです。

----------------------------------------------------------------
2位 目指すは最年少上場! 現役女子高生の社長日記【1】 
-対談:AMF社長 椎木里佳×田原総一朗
http://blogos.com/article/152076/

なんか、気軽に起業している感じがいいですね。
こういう人が増えてくると、日本の未来は明るいのでは
ないでしょうか?

大企業の賃金を1万、2万増やしたって、日本の景気は
良くなりませんよ。
根本的に、国家の財政がうまく行ってないから、
将来的な不安は消えず、支出に回りません。

中央銀行がいくら市中銀行に金を流しても、ブタ積みするの同様、
消費機会が増やせるような行動を政府が促さないとダメです。

それを消すために増税するってのは、本末転倒です。
過去の借金を消すためには、インフレに持っていけば
済む話ですからね。

私は地域振興券、毎年10万もらえます。
っていう、単純な政策がいいと思っています。
1回でなく、長期的な利用が、消費拡大への道だと思うんですよね。

株もなんでもそうですが、長期にコミットしないと成果なんて
でないですよ。特に経済は。

----------------------------------------------------------------
【NEW】1位 原子力と風力を比較する愚
“風力の発電能力、初めて原発抜く コスト減、普及後押し”との報道について
http://blogos.com/article/152392/

素晴らしい記事ですね。私は原子力推進派ですが、

・安定供給電源か、不安定供給電源かを明確にしている点。
・死者数と避難者数をリスクの観点で分離させている点。

が明確となっています。
原子力発電のほうが、死者数は少ないんですよね。
日本の場合、津波の被害との混同が激しくなっているように感じます。

リスクは定性的に分離すべきです。
それぞれ許容できるリスクの方向性は違うと思うので。

 

■■10.編集後記
それにしてもバフェットの考えは芯がありますよね。

アメックスはブランドステータスを持っているうえ、
収益も悪くなっていないので、買いの要素が強いです。

来週の

・ バフェットの眼(有料版)
http://www.mag2.com/m/0001595741.html

では、アメックスを分析したいと思います。

今履歴を見てみたら、2年ぶりの分析でした。

継続は力なり!
だめでもともと!(笑)
八木翼でした。


「八木翼のその他の活動」

・ バフェットの眼(無料)
http://www.mag2.com/m/0001277652.html

・ バフェットの眼(有料版)
http://www.mag2.com/m/0001595741.html

ブログ再開しました。
お時間あれば是非読んでみてください。
バフェットの眼
http://tentengu.hatenablog.com/

感想、要望等ありましたら
お気軽にご連絡ください。↓
(問い合わせいただいたご意見はメルマガで公表する場合があります。)
die-try-in@hotmail.co.jp

広告のお申し込みはこちらをご確認ください。
http://keizai-news.sakura.ne.jp/contact/index.html

twitterもやっております。
http://twitter.com/#!/tentengu

引用、参考資料
CNNMoney
NHK (Japan Broadcasting Corporation)
The New York Times
□■----------------------------------------------------------------□■


◎【毎日5分!経済英語NEWS(解説付き)】
配信停止はこちら↓
http://www.mag2.com/m/0001212350.html

メルマガ発行者:八木翼↓
http://keizai-news.sakura.ne.jp/

ホームページはこち↓
http://keizai-news.sakura.ne.jp/

八木翼へのお問い合わせ
die-try-in@hotmail.co.jp

twitterもやっております。
http://twitter.com/#!/tentengu

までご連絡ください。

■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■メルマガ説明
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この度はメルマガご購読頂き、誠にありがとうございます。
本メルマガの構成は以下のようになっております。

 ■1.原文
 ■2.構文解析
 ■3.対訳
 ■4.訳出のポイント解説
 ■5.経済コラム
 ■6.もう一度原文

基本的には1~5の繰り返しで十分実力は付きます。
この流れで、英語の訳し方がわからない部分を学習していただきます。

---ここから先は余裕がある方-------------------------------------
 ■7.今週のTED(様々な有名人が英語で講演※和訳付き)
 ■8.今、気になる日本語ブログBEST3!
 ■9.編集後記


只今、「毎日5分!経済英語NEWS!」は1か月無料キャンペーン中です。
お早めにご登録ください。
http://bit.ly/vM6QxW
(途中で解約しても無料ですので、迷う理由は何もありません。)
※月の途中で登録されても、その月始めの配信分が送られてきます
※たとえば2月25日に登録されても、2月1~24日のメールマガジンがまとめて
発行されます.

【日本は置いてきぼり!?中国AIIB発足!!】 from 毎日1分!経済英語NEWS!

【毎日1分!経済英語NEWS!】メールマガジンをお申し込みの方は、コチラから↓
http://www.mag2.com/m/0001162214.html

 

【日本は置いてきぼり!?中国AIIB発足!!】 from 毎日1分!経済英語NEWS!

ついに中国初のアジアインフラ投資銀行が本格始動しそうです。

メンバーは、17カ国で

The 17 countries are: Myanmar, 【Singapore】, Brunei,
Australia, 【China】, Mongolia, Austria, 【the United Kingdom】,
New Zealand, Luxemburg, 【South Korea】, Georgia,
the Netherland, 【Germany】, Norway, Pakistan, and Jordan.

とのことです。
影響力のありそうな国には【】をしてみました。

ドイツ、英国、韓国あたりは大きいですね。
今後の活動から目が離せませんね。

記事を見てみましょう。

----------------------------------------------------------------
私は朝5:00頃から、Twitterで私が気になった
ニュースをコメントを入れてツイートしています。

ここで一番リツイートされた記事を、翻訳しますので、
「この記事に興味がある。」という方は、
お気軽にリツイートをお願いします。

フォローはコチラからお願いします。

twitterはコチラ↓
http://twitter.com/#!/tentengu

Facebookはコチラ↓(友達申請も大歓迎です。)
http://on.ft.com/1YqWJoJ

ニュースを見てみましょう。

 


■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■【毎日1分!経済英語NEWS(解説付き)】2015_12_25
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
月刊発行部数 50万部突破!!
<おかげさまでまぐまぐ有料メルマガランキング「語学・資格部門
[第1位]になりました!!>↓順位が私の似顔絵入りで載っています。
http://www.mag2.com/ranking/ranking_stup.html
メルマガ発行者:八木翼 プロフィールはこちら↓
http://keizai-news.sakura.ne.jp/profile/index.html
※初めてご購読いただく方は、このメルマガ最下部にあるメルマガ説明をご覧ください。twitterはこちら↓
http://twitter.com/#!/tentengu

■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■メルマガ説明
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【初めてご購読いただく方へ】
本メルマガに関する説明は、このメールの一番下に記載してあります。

■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■1.原文
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(AIIB officially launched, to become operational in mid-January)

(1)
The Asian Infrastructure Investment Bank (AIIB)
was formally established on Friday after it
garnered enough countries' domestic approval.

(一部引用CHINA DAILY
Updated: 2015-12-25 16:59
http://www.chinadaily.com.cn/business/economy.html


■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■2.英文構造診断
(「英文の切れ目」+「どこにS(主語)+v(動詞)があるか」を解説)
SVだけを記載するのは、それがあると文の骨組みが分かるからです。
第5文型などの細かい文法は、正直大事ではありません。
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(AIIB officially launched, to become operational in mid-January)

(1)
The Asian Infrastructure Investment Bank (AIIB) /S1
was [formally:正式に] established /V1
on Friday /
【after it /S2(主節(S1V1)の修飾部の役割)
[garnered:集めた] /V2
enough countries' [domestic approval:国内の承認].】/O2

 

■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■3.対訳
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(AIIB officially launched, to become operational in mid-January)
(AIIB正式に立上げ、1月中旬から操業可能)

(1)
The Asian Infrastructure Investment Bank (AIIB) /S1
was [formally:正式に] established /V1
on Friday /
【after it /S2(主節(S1V1)の修飾部の役割)
[garnered:集めた] /V2
enough countries' [domestic approval:国内の承認].】/O2
(アジアインフラ投資銀行は、国内の承認を得られた国が
十分集めたため、金曜、正式に立ち上げられた。)

 

■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■4.訳出のポイント解説(英語)
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(無料版では、有料版冒頭部のみ掲載しています。)
-------------------------------------------------------
さて、今日は中国のAIIBに関するニュースでしたね。

規約の説明なども入り組んでいて、分かりにくい部分が多かったです。
1文目からどういった形をしているのか見ていきましょう。

(1)
The Asian Infrastructure Investment Bank (AIIB) /S1
was [formally:正式に] established /V1
on Friday /
【after it /S2(主節(S1V1)の修飾部の役割)
[garnered:集めた] /V2
enough countries' [domestic approval:国内の承認].】/O2

骨格の文自体は、S1+V1なので、これを区切ることができれば、
簡単に訳せますね。
S2+V2+O2については、itが何か分かれば簡単です。

ここでのitは、先ほど出てきたAIIBのことですね。
構造としては、SVO。

「SがOをVした。」といった形です。

ちなみに、ここの部分は、修飾部と言ってS1+V1のおまけみたいなもんです。
それを表すために1段落下げています。
次は(2)です。

・・・・・・・・・・・

-----------------------------------------------------
(続きは【毎日5分!経済英語NEWS 有料版】
http://bit.ly/vM6QxW

 

■■5.経済コラム
インフラ銀行についての記事でしたね。

さて、参加を表明しなかった我が国の新聞社である
日経新聞ではちょっと皮肉がかかれています(笑)

「米国と日本は参加を見送っており、AIIBは格付け機関から
最高格付けを取得することは難しいとの指摘もある。
その分、債券発行による資金調達コストがかさみ、融資の際の
金利が高くなる恐れがある。
AIIBは借り手の発展途上国の要望に沿って融資実行にかかる
時間を短くする方針だが、途上国側の返済負担が増す懸念もある。」

いやいやいや(笑)
それ言い出したら我が国の国債もだいぶ怪しいもんですけどね(笑)

というわけで、あんまり歓迎ムードでありません。

ドイツもイギリスも参加していますので、たぶん何の問題も
ないでしょう。

このニュースが表しているのは、世界のパワーバランスのシフトです。

明確に米国からパワーシフトが起きています。

先進国の人口が減り、中国、インドが頭角を現してきています。
特に注目すべきはインドでしょう。

すぐに中国の人口を抜き去りますし、インドが力を持つ理由が、
貧富の格差が中国より少ないということです。

力を持った個人が多いということは、それだけ消費の力や、
適切な教育を受ける個人が多いということです。

間違いなく、世界はインドを中心に動いていくでしょうね。
英語がさらに重要になっていきます。

 

 

■■6.もう一度原文
(AIIB officially launched, to become operational in mid-January)

(1)
The Asian Infrastructure Investment Bank (AIIB)
was formally established on Friday after it
garnered enough countries' domestic approval.

 

■■7.今週のTED
このコーナーでは経済英語NEWSという枠を飛び出して、
おもしろかったり、感動したり、役に立ったりする話を紹介しようかと
思います。
そちらの方が、飽きずに繰り返し見ることができると思いますので。

では、今週のTEDです。

知られざるスニーカー・マーケットとそれが重要である理由
http://bit.ly/1QBKrJx

いやー、これは面白いですよね。
皆さんは、5年前に投資するとしたら、どれに投資してます?

1.S&P500
2.アップル株
3.ナイキのエアジョーダン3

どれが一番儲かるかは、動画をご覧ください。

 

■■8.「5040円でTOEICの点数を480点あげる方法」

■英語なんか出来なくても良い

私は以前、日本人が英語を話す必要なんかないと思っていました。
なぜなら、仕事はできるのです。英語なんか喋れなくても。
しかし。。。
ユニクロ楽天、と大手企業はみんな英語を公用語にしました。
私の上司も英語を勉強をするように促し、なんだか
社内はいつの間にか外国人が多くなっていました。
隣の外国人が何を喋ってるか全くわからない。。。
ミーティングで若手が外国人と何かを喋っている。。。
恐怖を感じました。

■英語はできなければいけない

そんなある日、朝のミーティングで部長から発表がありました。
「当社は管理職の条件として、TOEIC700点を義務付けることとなった。」
まさか。。。私の会社はそんなことないと思っていたのに。。。
しかし、これが現実です。
グローバル化の波が日本に押しよせていたのです。
もしかしたら、明日は、「当社は公用語が英語になった」と言われるかもしれません。
ふと横を見ると、42歳の先輩の顔は真っ青でした。
普段から、英語なんて必要ないと豪語しておられた方で、
次期部長であると期待されてた方です。
私もどうにかしなければと焦っていました。
ふと頭によぎったのが、八木さんの有料メルマガです。
無料版は友達に紹介されて読んでいましたが、
有料版までは踏み切れずにいました。
一誌たったの40円。
大した額じゃないし、やってみるかと軽い気持ちで始めてみました。
今まで英語の勉強なんて全然続かなかったんです。本当に。
いろいろ試しました。
英会話学校、DUO、NHKラジオ講座。。。
しかし、つまらない英文を、難しい言葉で解説されて、
いつも途中でやめてしまうんです。

■続けられる英語教材 

八木さんの教材だけは別でした。
難易度の高い単語には、和訳が付いていましたし、
英文の構造を理解するために、英文が区切られているんです。
もちろん全英文に和訳付きですし、分からないところを質問すると、
すぐに答えてくれました。
英文解説もあり、今までなんとなく使っていた前置詞の使い方も
はっきりと分かるようになってきたのです。


■TOEIC480点アップ 

この勉強を始めて、6カ月後、TOEICを受けに行きました。
「あれ、なんか英語が分かるな~」という感触は確かにありました。

結果は私の予想をはるかに上回っていました。
びっくりです。
なんとあれほど勉強しても上がらなかったTOEICの点数が、
820点なのです。
6カ月前は340点でしたので、なんと480点アップです。
八木さん本当にありがとうございました。

■私と先輩の運命

先月なんと、私が部長に昇進いたしました。
最年少での部長昇進だそうです。
八木さんの教材に出会わなかったら、リストラ候補だったかもしれません。
実際、顔を青くされていた先輩は、現在リストラ候補です。
私からクビを言い渡さなければいけないかもしれず、
ちょっと気まずいですが。。。
このメール、紹介に乗せても結構ですので、是非使ってください。
本当にありがとうございました。
-----------------------------------------------------------------------

以上、実際に先日送られてきたメールです。
(※長かったので、見出しをつけて整理させていただきました。)

TOEIC480点上がったという方は珍しいですが、200点、300点程度であれば
良くメールを頂きます。

もちろん購読していただいたのは
「毎日5分!経済英語NEWS!」
http://bit.ly/vM6QxW
です。
(※上記URLからサンプルもご覧になれます。)

今なら、

「4200円でTOEICの点数を480点あげる方法」

ですね。一か月無料なので。

さらに現在、ハーバード大学ビジネススクールが実践している
「5行エッセイ」という英語勉強方法を有料メルマガコミュニティ内で
行っています。
是非、あなたも英語をアウトプットしましょう!
メンバーは既に550名を超えました!

まずは、【毎日5分!経済英語NEWS 有料版】に登録してください.
http://bit.ly/vM6QxW

-----------------------------------------------------
(【毎日5分!経済英語NEWS 有料版】
http://bit.ly/vM6QxW

只今、「毎日5分!経済英語NEWS!」は1か月無料キャンペーン中です。
お早めにご登録ください。
http://bit.ly/vM6QxW (こちらのURLにメルマガのサンプルがあります。)
※初月の途中で解約しても無料です。
※月の途中で登録されても、その月始めの配信分が送られてきます
たとえば12月25日に登録されても、12月1~24日のメールマガジンがまとめて
発行されます.

 

■■9.今、気になるブログBEST3!
(英語のメルマガじゃないの?と突っ込まれそうですが、
英語だけじゃなく、日本語の経済ニュースを深く理解していなければ、
英語を翻訳できません。私の気になるブログを紹介します。
基本は、毎日1ブログ更新しています。
あ、英語のブログもたまに入ってますw)
----------------------------------------------------------------
3位 蓮舫、育休取得の国会議員夫婦に「全く理解できない」で炎上 
「マタハラの典型例」「与党を攻撃できれば何でもいいのか」という声も
http://blogos.com/article/151626/

僕正直、どっちの気持ちもわかるんですよ。
こういう時、「子どもはどう思うのかな?」って視点が
大事だと思うんですよね。
そうすると、
「社会でバリバリ活躍してるお母さん、素敵!」って思う子もいれば、
「いつも一緒にいてくれるお母さん、素敵!」って思う子もいると思うわけです。

つまり、理想のお母さん像にずれがあるんですよね。
で、大事なのは、価値観を押し付け合わないこと。

日本人が持っている和って、こういうことだと思うんですよね。僕は。

だから、今回は、国会議員の育児休暇に反対する蓮舫さんが悪いんじゃなくて、
価値観を押し付けた蓮舫さんが悪いってことだと思うんです。

----------------------------------------------------------------
2位 砂糖市場 需給バランスは6年ぶりに均衡へ
http://markethack.net/archives/51992621.html

総人口が増え続けている今、砂糖は大きな需要を生みそうですよね。
砂糖を作っている会社の調査もしたいですね。。。

----------------------------------------------------------------
【NEW】1位 セブンイレブンは好調だが、イトーヨーカ堂GMS
不振の打開策はあるのか? セブン&アイ営業最高益で思うこと
http://blogos.com/outline/151750/

ヨーカ堂は、正直微妙ですよね。

百貨店で服を買う=ダサい、というイメージがどうしても
こびりついています。

UNIQLOに対抗できる衣料品ブランドを1からつくるべきでしょうね。
でなければ、スーパーをちゃんとやるならドミナントを形成し、
配送網を整えるべきです。

コンビニでできていることが、ヨーカ堂でできてないだけです。
コストコなんかは、日本でもうまくやっています。
この間のガソリン価格の値下げなんかは、非常にうまいと思いました。
今の消費者が最も意識している価格って、「ガソリン価格」ですよね。
これを会員になれば安くできるっていう誘惑を利用して、
会員数を増やしたわけです。

少なくとも、こういう発想がヨーカ堂からは感じられません。
やる気がないなら潰したほうがいいですよね。

 

■■10.編集後記
さてさて、英語の解説方法を少し変更しました。

慣れていないので、これまでよりも時間がかかりそうですが、
網羅的な文法の理解は、確実に英語力を上げますので、
力を入れていきたいと思います。

特に、S+Vを意識して欲しいです。

これだけで、理解力が違ってきましからね。
もう皆さん年末休暇でしょうか?

あと1日ある人は頑張りましょう(笑)

継続は力なり!
だめでもともと!(笑)
八木翼でした。


「八木翼のその他の活動」

・ バフェットの眼(無料)
http://www.mag2.com/m/0001277652.html

・ バフェットの眼(有料版)
http://www.mag2.com/m/0001595741.html

ブログ再開しました。
お時間あれば是非読んでみてください。
バフェットの眼
http://tentengu.hatenablog.com/

感想、要望等ありましたら
お気軽にご連絡ください。↓
(問い合わせいただいたご意見はメルマガで公表する場合があります。)
die-try-in@hotmail.co.jp

広告のお申し込みはこちらをご確認ください。
http://keizai-news.sakura.ne.jp/contact/index.html

twitterもやっております。
http://twitter.com/#!/tentengu

引用、参考資料
CNNMoney
NHK (Japan Broadcasting Corporation)
The New York Times
□■----------------------------------------------------------------□■


◎【毎日5分!経済英語NEWS(解説付き)】
配信停止はこちら↓
http://www.mag2.com/m/0001212350.html

メルマガ発行者:八木翼↓
http://keizai-news.sakura.ne.jp/

ホームページはこち↓
http://keizai-news.sakura.ne.jp/

八木翼へのお問い合わせ
die-try-in@hotmail.co.jp

twitterもやっております。
http://twitter.com/#!/tentengu

までご連絡ください。

■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■メルマガ説明
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この度はメルマガご購読頂き、誠にありがとうございます。
本メルマガの構成は以下のようになっております。

 ■1.原文
 ■2.構文解析
 ■3.対訳
 ■4.訳出のポイント解説
 ■5.経済コラム
 ■6.もう一度原文

基本的には1~5の繰り返しで十分実力は付きます。
この流れで、英語の訳し方がわからない部分を学習していただきます。

---ここから先は余裕がある方-------------------------------------
 ■7.今週のTED(様々な有名人が英語で講演※和訳付き)
 ■8.今、気になる日本語ブログBEST3!
 ■9.編集後記


只今、「毎日5分!経済英語NEWS!」は1か月無料キャンペーン中です。
お早めにご登録ください。
http://bit.ly/vM6QxW
(途中で解約しても無料ですので、迷う理由は何もありません。)
※月の途中で登録されても、その月始めの配信分が送られてきます
※たとえば2月25日に登録されても、2月1~24日のメールマガジンがまとめて
発行されます.